福山雅治「これは運命です」 石田ゆり子と25年ぶりの共演

2019年10月8日 / 15:28

石田ゆり子(左)と福山雅治

 映画『マチネの終わりに』の完成披露試写会が7日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、板谷由夏、古谷一行、西谷弘監督が舞台あいさつに登壇した。

 芥川賞作家の平野啓一郎氏の代表作とされる同名小説が原作。福山演じる世界的クラシックギタリストと、石田扮(ふん)するパリ通信社勤務のジャーナリストが、東京、パリ、ニューヨークで会うたびに引かれ合っていく6年間を描く。

 2人は25年前にCMで一度共演した。福山は「映画化の話がありますと聞いたときには、石田さんの名前が挙がっていたので、石田さんをイメージしながら原作を読んで、早く会いたいなと思っていた」と明かした。

 石田は「同い年で、CM以来一度もお会いしなかったけれど、この作品でご一緒することになっていたと考えると感無量です」と相思相愛を強調した。さらに福山が「これは運命の共演です」と語り、相好を崩した。

 福山は、クラシックギターの演奏も全て自ら行い、「一朝一夕でできるものではなく、まあ難しかった。でも、バンドをやりたくて18歳で上京して、皆さんのおかげで活動できているけれど、まさかクラシックギターを弾く役を演じるとは思わなかった。想像していなかったうれしいハプニングで、生涯の楽しみとして付き合っていけそう」と語った。

 平野氏とも一緒に観賞したそうで、福山は「緊張しましたけれど、『自分の原作の映画化で泣けるとは思いませんでした』とおっしゃっていただき、こんなにうれしい褒め言葉はない。ホッとしました」と話し、安どの笑みを浮かべた。

 そして「皆さんの心にある忘れられない思い出、それが傷つけたり、傷つけられたりしたことであっても、人生の中で大切に思っている人に会いたくなる映画になっています」と自信のほどをアピールした。

 映画は11月1日から全国東宝系で公開。

(左から)板谷由夏、桜井ユキ、石田ゆり子、福山雅治、伊勢谷友介、木南晴夏、古谷一行


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top