山田洋次監督「寅さんだけは年を取らない」「長生きしたからこういう映画ができた」

2019年10月3日 / 19:54

山田洋次監督

 東京国際映画祭記者会見が3日、東京都内の日本外国特派員協会で行われ、今回のオープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』の山田洋次監督ほかが出席した。

 『男はつらいよ』シリーズ50作目となる本作は、おいの満男(吉岡秀隆)ら、くるまやの面々の今を描く映像と、4Kデジタルでよみがえった寅さんの映像を組み合わせ、新たな物語として描く。

 山田監督は「今回は、一体どんな映画になるかという期待と不安があったが、完成後、この映画を作るために50年の歳月が必要だったんだと思った。長生きしたからこういう映画ができた。もし、渥美清さんがこの映画を見たら、きっと『俺、びっくりしたよ』と言うでしょうね」としみじみ語った。

 また「寅さんの妹のさくら役の倍賞千恵子さんをはじめ、みんな年を取ったけど、不思議なことに寅さんだけは年を取らない。そういう意味では、みんなにとっての寅さんは、マリリン・モンローやチャールズ・チャップリンみたいなものかもしれない」と語った。

 「マドンナ役の女優を選ぶ基準はあったのか」と問われると、「寅さんが恋をする女優はどんな人がいいだろうか、とは考えたけれど、基本的に寅さんはどんな女性とも恋ができるから選択肢がたくさんあった。だからとても楽しい仕事だった」と答えて笑わせた。

 「現在88歳だが、次回作は?」との質問に、「自分の年を考えると怖いし、映画を撮っている場合か、とも思うけど、アメリカではクリント・イーストウッドもまだ撮っているから、僕も頑張ろうという気持ちになる。ポルトガルには100歳を超えて映画を撮ったマノエル・ド・オリベイラという監督がいたし、日本にも新藤兼人監督がいた。だから僕も100歳までは撮れるかなとも思う」と答えた山田監督に、会場から「監督も寅さんと一緒で年を取らない」の声が飛び、拍手が起きた。


芸能ニュースNEWS

岡田准一、平手友梨奈の“お父さん”を自認 「『ご飯食べなさい』とか『髪の毛上げなさい』とか」

映画2021年6月18日

 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公開初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、木村文乃、堤真一、平手友梨奈、安藤政信、山本美月、佐藤二朗と江口カン監督が登壇した。  本作は、伝説の殺し屋・ファブル(岡田)を主人公と … 続きを読む

菊池風麿、田中樹と「DREAM BOYS」上演 菊池「田中樹とできることが僕にとって意味のあること」

舞台・ミュージカル2021年6月18日

 「DREAM BOYS」制作発表が17日、東京都内で行われ、Sexy Zoneの菊池風磨とSixTONESの田中樹、7MEN 侍、少年忍者が登壇した。  本作は、2004年に滝沢秀明主演で初演されて以来、亀梨和也や玉森裕太など、ジャニーズ … 続きを読む

辻希美「“5人目”は来てくれたらうれしい」 杉浦太陽「僕の行動次第で、彼女が変わってくる」

イベント2021年6月17日

 『大好きな人と結婚した、その後。』書籍発売イベントが17日、東京都内で行われ、著者の辻希美が出席。夫の杉浦太陽も加わり、4人の子育てに奮闘する日々について語った。  15年前に結婚会見を行った2人。この日、34歳の誕生日を迎えた辻は「あの … 続きを読む

「恋ぷに」スペシャル 石原さとみと綾野剛が“感動の再会” 「幸福感に包まれた楽しいドラマだった」

ドラマ2021年6月17日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はもっとDeepに -運命の再会スペシャル-」(日本テレビ系)が、16日に放送された。  本作は、海洋学者として地上で暮らす“人魚”の海音(石原)と、ツンデレ御曹司の倫太郎(綾野)の恋模様を描く「恋 … 続きを読む

北川景子「リコカツ」最終回は「きれいごとではない終わり方」 「ラストシーンまで誰がどうなるか分からない」

ドラマ2021年6月17日

 金曜ドラマ「リコカツ」(TBS系)の取材会が8日、オンラインで行われ、主演の北川景子が取材に応じた。  本作は、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”をした出版社勤務の咲(北川)と自衛官一家の長男・紘一(永山瑛太)の離婚から始まるラブストー … 続きを読む

amazon

page top