重岡大毅“初共演”多部未華子の印象を語る 「ナチュラルに壁がある」

2019年7月12日 / 18:45

(左から)重岡大毅、多部未華子、吹越満

 NHK・ドラマ10「これは経費で落ちません!」の試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、重岡大毅(ジャニーズWEST)、吹越満が出席した。

 本作は、せっけんメーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子の森若沙名子(多部)が、経費チェックを通じて、大きな不正事件とまではいかないものの、さまざまな小ズルい者たちにアプローチしていく模様をコミカルに描いたオフィスドラマ。

 不器用ながらも何事にも几帳面な経理女子を演じる多部は「和やかで穏やかで、日々しんどいながらも、楽しく過ごしております」と現場の様子を紹介した。

 一方、重岡が演じるのは営業の若手エース山田太陽。とある騒動を通じて森若にほれ、果敢に彼女にアタックするが、恋愛に奥手な森若はなかなかこれに応じない。

 互いの印象を聞かれると、多部は「重岡さんははじめまして。現場ではあまり話していなくて。だから特に(印象も)ないです。話題もないですし…」と、いつもの“多部節”でコメント。これに重岡は「ナチュラルに(僕に対しての)壁がある。(劇中と)一緒です」と笑わせながら、「多部さんは、職人のイメージ。パパパンてOKを出す感じで…」と明かした。

 第1話にはデザイナーの曽根崎ミレイ役で藤原紀香も登場する。ミレイとの不倫を疑われる役どころを演じた重岡は「実際に会ったらオーラがすごくて、実際に横に並ぶと(自分の)一般人感がすごく出てしまった。小物感が拭い切れない。そこは(撮影で)頑張りました」と振り返った。

 また劇中では、森若に健気なアプローチを繰り返す太陽だが、「(自分なら)あんなシャッターをガンと閉められたら行けない。(森若の反応は)はっきり『ノー』ですもんね。太陽はすごいなと思いながら演じています」と苦笑した。

 ドラマは26日から、毎週金曜午後10時にNHK総合で放送。


芸能ニュースNEWS

坂口健太郎「頑張ったかいがあった」 『仮面病棟』の出来栄えに自信あり

映画2020年2月18日

 映画『仮面病棟』のジャパンプレミアが17日、東京都内で行われ、出演者の坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、大谷亮平、高嶋政伸と木村ひさし監督が登壇した。  本作は、医師でもある知念実希人氏のベストセラー小説を映画化。ピエロの仮面をつけた凶悪犯 … 続きを読む

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top