板野友美「背筋がピンとする思い」 TERUの前での歌唱に緊張

2019年2月28日 / 17:32

(左から)板野友美、新田真剣佑、ko-dai

 「サマンサタバサ 25周年記念スタート発表会」が28日、東京都内で行われ、俳優の新田真剣佑、歌手の板野友美、ko-dai(Sonar Pocket)が出席した。

 今年、設立25周年を迎えるサマンサタバサは、アニバーサリーを記念した特別プロジェクト「25周年の感謝を込めて。-365の夢を叶える。-」を3月1日からスタートさせる。

 この日はスペシャル企画の一環として、GLAYのTERUが描き下ろした、25周年アニーバーサリーチャリティーソング「ONE -we are one-」などがお披露目された。

 同曲のミュージックビデオには、きょう出席した3人のほか、倉木麻衣、白石麻衣(乃木坂46)、橋本環奈、白濱亜嵐(EXILE)、石田純一など計67組89人のアーティストや著名人が参加。

 歌唱した12人の歌手のうちの一人として参加した板野は「レコーディングのディレクションをされるのがTERUさんと聞いて収録前からドキドキしてました。いつもならスタッフさんが座っている場所にTERUさんがいるので目を合わせるたびにアァッと思って…。歌い終わった後一言(感想を)言ってくださる時は背筋がピンとする思いでしたね」と、普段とは違った緊張感を振り返った。

 また「自身のソロデビュー25周年にはどんな記念ソングを作りたい?」と尋ねられた板野は、「デビューソングが『Dear J』だったので、そのアンサーソングとして『From T』にしようかな。Tは友美のTです」「(芸能活動25周年だと)39歳ぐらいなので人生を振り返るような集大成的な楽曲にしたいかな…」などと未来を思い描いた。

 一方の新田は、曲のタイトルに絡めて「今のナンバーワン」を聞かれると「仕事じゃないですかね。でなければ睡眠。あとはおいしいごはんですね」とにっこり。「オンリーワンは?」と問われると、「本当に難しいですね。でも一つ一つの出会いを大切にしたいです」と真面目に語っていた。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top