板野友美「背筋がピンとする思い」 TERUの前での歌唱に緊張

2019年2月28日 / 17:32

(左から)板野友美、新田真剣佑、ko-dai

 「サマンサタバサ 25周年記念スタート発表会」が28日、東京都内で行われ、俳優の新田真剣佑、歌手の板野友美、ko-dai(Sonar Pocket)が出席した。

 今年、設立25周年を迎えるサマンサタバサは、アニバーサリーを記念した特別プロジェクト「25周年の感謝を込めて。-365の夢を叶える。-」を3月1日からスタートさせる。

 この日はスペシャル企画の一環として、GLAYのTERUが描き下ろした、25周年アニーバーサリーチャリティーソング「ONE -we are one-」などがお披露目された。

 同曲のミュージックビデオには、きょう出席した3人のほか、倉木麻衣、白石麻衣(乃木坂46)、橋本環奈、白濱亜嵐(EXILE)、石田純一など計67組89人のアーティストや著名人が参加。

 歌唱した12人の歌手のうちの一人として参加した板野は「レコーディングのディレクションをされるのがTERUさんと聞いて収録前からドキドキしてました。いつもならスタッフさんが座っている場所にTERUさんがいるので目を合わせるたびにアァッと思って…。歌い終わった後一言(感想を)言ってくださる時は背筋がピンとする思いでしたね」と、普段とは違った緊張感を振り返った。

 また「自身のソロデビュー25周年にはどんな記念ソングを作りたい?」と尋ねられた板野は、「デビューソングが『Dear J』だったので、そのアンサーソングとして『From T』にしようかな。Tは友美のTです」「(芸能活動25周年だと)39歳ぐらいなので人生を振り返るような集大成的な楽曲にしたいかな…」などと未来を思い描いた。

 一方の新田は、曲のタイトルに絡めて「今のナンバーワン」を聞かれると「仕事じゃないですかね。でなければ睡眠。あとはおいしいごはんですね」とにっこり。「オンリーワンは?」と問われると、「本当に難しいですね。でも一つ一つの出会いを大切にしたいです」と真面目に語っていた。


芸能ニュースNEWS

NEWS増田「手越ふざけるなー」と爆発 千鳥・ノブ「いつまで二日酔いで来るんだ、大悟」

テレビ2020年7月10日

 NEWSの増田貴久、お笑いコンビ・千鳥のノブほかが9日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」に出演。ゲームの対決の中で、NEWSメンバーの減少を嘆く場面があった。  番組 … 続きを読む

「BG」木村拓哉、岡田義徳&平泉成と久々の共演 「本物の演技はこんなに人を引き込む」と絶賛の声

ドラマ2020年7月10日

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第4話が9日に放送された。  本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描 … 続きを読む

佐藤浩市「あまりにも知らないことが多過ぎた」 渡辺謙「災害時に大事なのは現場の声」

映画2020年7月10日

 映画『Fukushima50』カムバック上映舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市と渡辺謙が出席した。  本作は、2011年の東日本大震災の際に起きた福島第1原発事故で、被害を食い止めるべく戦い続けた50人の作業員たちの姿 … 続きを読む

橋本良亮が朗読劇に挑戦 「ジャニーさん見ててね」

舞台・ミュージカル2020年7月9日

 音楽朗読劇「日本文学の旅」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C-Zの橋本良亮と新納慎也ほかが登壇した。  本作は、あらゆる日本文学作品がそろっている“架空の図書館”を舞台に、司書と読書家に扮(ふん)した2人の旅人が、時空を … 続きを読む

薬丸裕英、二宮和也やNEWS増田との交流を明かす 「最終的にジャニーズをけん引するのはTOKIO」

テレビ2020年7月9日

 タレントの薬丸裕英が8日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲストとして出演した。  番組では、かつてジャニーズ事務所に所属し、「シブがき隊」のメンバーとして活躍した薬丸が、嵐の二宮和也やNEWSの増田貴久、ジャニ … 続きを読む

page top