横浜流星、“泣くシーン”で苦労 「感受性があまり豊かじゃないので…」

2019年1月23日 / 10:46

トークショーで笑顔を見せる横浜流星

 映画『キセキ-あの日のソビト-』『愛唄-約束のナクヒト-』イッキ見上映トークイベントが22日、東京都内で行われ、両方の作品に出演した横浜流星、野間口徹、奥野瑛太と、『愛唄』を手掛けた川村泰祐監督が登壇した。

 25日公開の『愛唄-約束のナクヒト-』は、GReeeeNの名曲をモチーフに送る青春ラブストーリー。GReeeeNの誕生秘話を描き、大ヒットを記録した『キセキ-あの日のソビト-』(2017年)のキャスト・スタッフが再集結し、製作された。

 『愛唄』で主人公・トオルを演じている横浜は、『キセキ』で菅田将暉らとともに「グリーンボーイズ」のメンバー・ナビを演じた。出演が決まった当時の心境について、「GReeeeNさん自体が僕の大好きなアーティストさんだったので、そのメンバーの一員を演じられることがまず幸せでした」とコメント。「グリーンボーイズ」として、さいたまスーパーアリーナでのライブやCDデビューなどを体験したが、「役者では経験できないようなことをさせてもらい、すごく気持ち良かった。僕ら4人を見て、みんなが拍手してくれるんです。ちょっと“スターなのかな”と思っちゃいました」とおちゃめに振り返った。

 今回の『愛唄』では泣くシーンがあったという横浜。「僕は感受性があまり豊かじゃないので、涙を流すのが難しかった。撮影も中盤で、まだ気持ちも追いついてなかったのもあって、なかなか素直にできなかった。気持ちは動いているけど、複雑で邪魔するものもあって…」と苦笑し、「感受性が豊かな人を見るとうらやましいなと思ったり」と意外な悩みを明かしていた。

 最後は、「『キセキ』が本当にたくさんの人に愛されて大ヒットしたので、『愛唄』も多くの人に愛される作品になればと思います」と笑顔で呼び掛けた。


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top