横浜流星「反抗期長かった」 親のありがたみ「一人暮らしで実感」

2019年1月17日 / 10:47

親への感謝を語った横浜流星

 映画『愛唄-約束のナクヒト-』の親子試写会が16日、東京都内で行われ、出演者の横浜流星、飯島寛騎、財前直見、富田靖子と川村泰祐監督が登壇した。

 本作は、GReeeeNの名曲「愛唄」をモチーフに送る青春ラブストーリー。劇中で描かれた“親子愛”にちなみ、この日はキャスト陣がステージ上で自身の幼少期や青春時代の写真を公開した。

 横浜は、幼稚園の頃の写真を掲げ、「すごくやんちゃでした。1歳下の弟が大好き過ぎて、母が洗濯を干している間に弟を外に連れ出して迷子になったり、遊びに夢中になり過ぎて家の窓ガラスを壊したりと、迷惑を掛けてばかりいました」と当時の様子を振り返った。また、「結構反抗期が長かったのですが、一人暮らしをして親のありがたみを実感しました」と横浜。「この作品を通して、より親を大切にしなければいけないと思い、『ありがとう』と伝えました。年末年始に帰省した際も、仕事の前日まで実家にいて、家族との時間を大切にしていました」と明かした。

 飯島は、3歳のときに父親にバイクに乗せてもらった写真を公開。「いろいろな所に連れて行ってもらいました。学生時代は進路のことでもめる時期があり、イライラしたりもしたけど、成人を超えてから親の言うことが正しいと分かるようになった。たまに実家に帰る時は、ビールなどを持っていくようにしています」と語り、笑顔を見せた。

 富田は、映画デビューした中学3年当時の写真を披露。「受験真っただ中。親も心配していただろうに、送り出してくれたことに感謝。いまだに頭が上がらないし、親の前ではただの甘ったれの子どもです。自分の子どもも間もなくこの年齢に到達すると思うと、そろそろ心の準備をせねば…と思っています」と苦笑した。

 なお、登壇予定だった清原果耶はインフルエンザのため欠席した。

 映画は25日から公開。

昔の写真を披露した(左から)財前直見、横浜流星、飯島寛騎、富田靖子


芸能ニュースNEWS

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

映画2019年2月15日

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。  この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議 … 続きを読む

page top