滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」

2018年12月12日 / 22:40

主人公の外科医・当麻鉄彦役を演じた滝沢秀明

 WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督が登壇した。

 年内で芸能活動を引退、プロデュース業に専念することを発表している滝沢は、「今年を表す漢字一文字」を尋ねられると「行」と回答。「今回大きな決断をしましたが、これは皆さんとの『さよなら』ではない。『さよなら』という言葉は使いたくない。『行ってきます』という意味でこの一文字にしたいと思います」と語り、観客から温かい拍手を浴びた。

 大鐘稔彦氏のベストセラー小説を連続ドラマ化した本作で、滝沢は、旧態依然とした医療体制の中で患者を救うという信念と向き合い続けた主人公の外科医・当麻鉄彦役を演じた。その役柄について、「どんな状況に置かれてもブレずに前に進んでいく彼の生き方は、男から見てもかっこいいと思いました。自分がやりたいこと、求められているものはたくさんあると思いますが、“自分の思い”は当麻のように大事にしていかなければいけないと思ったし、当麻から大きな刺激を受けました」と振り返った。

 「当麻のような大きな男になりたい」とも語った滝沢。司会者から「既に大きな男」と褒められると、「いや、身長は小さいのですが…」と冗談めかし、「まあ身長は無理ですが、とにかく皆さんの期待に応えられるような大きな男になりたいと思います」と目を輝かせた。

 滝沢と約20年ぶりに共演した長塚は、「滝沢さんは15歳ぐらいから芸風が変わらない。深く静かに一人で情熱を秘める…という芸風は、天性ですね。15歳にして自分の持ち味というのを把握していたんだと思います」と滝沢をたたえた。

 ドラマは、2019年1月13日午後10時から毎週日曜に放送(全8話)。

(左から)仲村トオル、滝沢秀明、長塚京三


芸能ニュースNEWS

中島健人、ネット炎上や誹謗中傷などの“SNSトラブル”を語る 「アイドルとして、いろんな言葉を全身で受け止めて来た」

ドラマ2024年7月14日

 ドラマ「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」の記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、白石聖、片平なぎさが登場した。  本作は、原作・左藤真通氏、作画・富士屋カツヒト氏の同名漫画をドラマ化。変わり者の弁護士 … 続きを読む

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

Willfriends

page top