森田健作、西郷輝彦、ベッキーら160人が集結 「サンミュージック創立50周年」記念式典

2018年11月27日 / 15:42

式典でスピーチした 第1号タレントの森田健作

 「サンミュージック グループ創立50周年記念式典」が27日、東京都内で行われ、同社所属タレントの森田健作、西郷輝彦、野村将希、塚本高史、カンニング竹山、ダンディ坂野、ベッキー、メイプル超合金(カズレーザーと安藤なつ)ほか、160人の所属タレントが出席した。

 同社は、この日創立50周年を迎えた。式典では、昭和43年に映画『夕月』での森田のデビューと同時に設立され、その後、都はるみや松田聖子、ベッキーら多数のタレントを輩出してきた同社の歩みを振り返った。

 同社の第1号タレントの森田は「50年、早いなあと思います。亡くなった相澤(秀禎)会長が『何としても50年を盛大にやりたい』と何回も私に言っていましたが、タレントみんなが頑張ってる今日の姿を見て、きっと喜んでくれていると思います」と思いを語った。

 「森田さんにとってサンミュージックとは?」と聞かれると、「人生の全てです。私がデビューして芸能誌でスターと言われてるときに、相澤会長に『おい森田、おまえはスターじゃねえぞ、一時の有名人だ』と言われました。スターというのは、映画で主役をやり、テレビで主役をやり、歌をヒットさせて、舞台で座長をやり、全部制覇してこそスターだって言われました。今も(その言葉が)生きています」と語った。

 カンニング竹山は、同社の魅力について「会長が作られた事務所の雰囲気がお笑い班にもあります。いい意味で家族というか、よくみんなで集まったりします」と話した。

 スギちゃんは「私は事務所を転々としてきて、最後にサンミュージックに入って駄目だったら辞めようと思っていたら、入って2年目で売れたんです。すごい事務所だなって思います」と明かした。

記念式典に出席した160人の所属タレント


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top