桑田真澄、俳優たちに“野球指導”  舞台でも「伝わってくる感動は同じ」

2018年7月17日 / 15:22

安西慎太郎(左)と桑田真澄氏

 舞台「野球」飛行機雲のホームランの記者会見が17日、東京都内で行われ、出演者の安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡、小野塚勇人、野球監修を務めた元読売巨人軍投手の桑田真澄氏ほかが出席した。

 本作は、戦禍の中「野球」に憧れを抱き、白球を追い掛けた少年たちの物語。1944年、戦況が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧され甲子園大会は中止された。甲子園への夢を捨て切れないまま、予科練に入隊した少年たちは、“最後の1日”に、出身校同士で、紅白戦を行う。

 主演の安西は「見てくれたお客さまが、一生忘れない、心に残るような作品を作りたい。本気で汗をかく、僕らの全力プレーを見ていただけたら」とアピールした。

 安西は、肘のけがをきっかけに野球をやめた経験があるという。「久々に野球をやってみると、やはり楽しい、そして難しいスポーツだなと思った。改めて1人ではできないスポーツだなと感じました」と率直な思いも語った。

 野球監修を務めた桑田は、今回のオファーについて「(これまで)舞台を2度ほどしか見たことがなかったので戸惑いもあったが、大学院で野球の歴史を勉強していた僕にもできることがあるのではないか…と思い、挑戦することにしました」と説明した。

 実際に球場で、キャッチボール、フライ捕球、バッティングなどを演者に指導した桑田氏は「初日に彼らに伝えたことが、2日目にはみんなできていて、こんなに短期間で成長するのかと非常にびっくりした。野球は細かい作業が多い。サインの出し方などを見ていただくと、プロに負けないものが表現されていると思う。実際の野球と、舞台の野球は違うけれど、伝わってくる感動は同じ、それ以上のものがあると思う」と太鼓判を押した。

 そんな桑田氏の指導を振り返った安西は「本当に野球が好きなんだな…と感じた。うまくなる以前に、野球というスポーツを好きになる、楽しむところから始めることが大事なんだなと思いました」と語った。

 舞台は27日~8月5日、都内のサンシャイン劇場、8月25日~26日、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。

記者会見の出席者たち


芸能ニュースNEWS

横浜流星、吉高由里子と恋愛映画でW主演 「人を愛し、思うことを考えさせられた」

映画2020年10月26日

 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の吉高由里子、横浜流星と三木孝浩監督が登壇した。  本作は、視力を失った明香里(吉高)と、罪を犯し夢を失った塁(横浜)が偶然出会ったことから始まる純愛を … 続きを読む

「極主夫道」で玉木宏らがハロウィーン仮装 「極道版の桃太郎が最高に笑えた」

ドラマ2020年10月26日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第3話が、25日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘するコメディー。   … 続きを読む

「危険なビーナス」妻夫木聡の演技に賞賛の声 「イケメンなのに情けない感が出てる」

ドラマ2020年10月26日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「「危険なビーナス」(C)TBS」(TBS系)の第3話が25日に放送された。  今回は、楓(吉高)を階段から突き落とした犯人が判明する。  伯朗(妻夫木)は、元美(中村アン)から楓が救急搬送され … 続きを読む

永作博美、役作りで井浦新とベビー用品購入 「写真を撮られたらドキドキするなって…」

映画2020年10月26日

 映画『朝が来る』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子と河瀬直美監督が登壇した。  本作は、実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女をつなぐ「特別養子縁組 … 続きを読む

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

page top