桑田真澄、俳優たちに“野球指導”  舞台でも「伝わってくる感動は同じ」

2018年7月17日 / 15:22

安西慎太郎(左)と桑田真澄氏

 舞台「野球」飛行機雲のホームランの記者会見が17日、東京都内で行われ、出演者の安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡、小野塚勇人、野球監修を務めた元読売巨人軍投手の桑田真澄氏ほかが出席した。

 本作は、戦禍の中「野球」に憧れを抱き、白球を追い掛けた少年たちの物語。1944年、戦況が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧され甲子園大会は中止された。甲子園への夢を捨て切れないまま、予科練に入隊した少年たちは、“最後の1日”に、出身校同士で、紅白戦を行う。

 主演の安西は「見てくれたお客さまが、一生忘れない、心に残るような作品を作りたい。本気で汗をかく、僕らの全力プレーを見ていただけたら」とアピールした。

 安西は、肘のけがをきっかけに野球をやめた経験があるという。「久々に野球をやってみると、やはり楽しい、そして難しいスポーツだなと思った。改めて1人ではできないスポーツだなと感じました」と率直な思いも語った。

 野球監修を務めた桑田は、今回のオファーについて「(これまで)舞台を2度ほどしか見たことがなかったので戸惑いもあったが、大学院で野球の歴史を勉強していた僕にもできることがあるのではないか…と思い、挑戦することにしました」と説明した。

 実際に球場で、キャッチボール、フライ捕球、バッティングなどを演者に指導した桑田氏は「初日に彼らに伝えたことが、2日目にはみんなできていて、こんなに短期間で成長するのかと非常にびっくりした。野球は細かい作業が多い。サインの出し方などを見ていただくと、プロに負けないものが表現されていると思う。実際の野球と、舞台の野球は違うけれど、伝わってくる感動は同じ、それ以上のものがあると思う」と太鼓判を押した。

 そんな桑田氏の指導を振り返った安西は「本当に野球が好きなんだな…と感じた。うまくなる以前に、野球というスポーツを好きになる、楽しむところから始めることが大事なんだなと思いました」と語った。

 舞台は27日~8月5日、都内のサンシャイン劇場、8月25日~26日、大阪の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。

記者会見の出席者たち


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top