玉木宏、3年ぶり『ジュラシック』で体力自慢 木村佳乃「経験でごまかします」

2018年5月28日 / 13:54

主人公オーウェンの声を吹き替える玉木宏

 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本語吹き替え版キャスト発表が28日、東京都内で行われ、玉木宏、木村佳乃、満島真之介らが登壇した。

 本作は、前作で閉鎖されたジュラシック・ワールドで、絶滅の危機に陥った恐竜たちを救うために再び立ち上がる人々の姿を描く。

恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役で続投となった玉木は「あっという間の3年で、世界中の誰もが知っている大作に参加できることをうれしく思う」と語り、目を細めた。

 アフレコに向けては「純粋に3つ年を取っているが、意識的に運動するようになって体力は増えているので、自信を持っている。パワーアップして臨みたい」と意気込みを語った。

 同じく前作に引き続きヒロインのクレア役を担当する木村は「今回はせりふに、叫び、あえぎ、うめきが多い。前作では声をつぶしたので、喉に負担をかけないようにやり遂げたい」と抱負を述べた。また玉木の言葉を受けて「私は衰える一方ですが、経験を積んできているのでそれでごまかしたい」と苦笑い交じりで話した。

 クレアの部下で恐竜保護団体の職員役の満島は、シリーズ初参加で「恐竜の鳴き声をやるのかと思っていたら、しっかりした役を頂けたので本当にうれしい」と安どの笑みを浮かべた。ただ一人、既にアフレコを終えており「一人でやる難しさはあったけれど、役にシンパシーを感じて最後の方は台本を見ずにやっていた。新しい体験だった」と満足げに振り返った。

 最後に玉木は「前作は人の命がテーマだったけれど、今回は恐竜の命をどうするかという違ったテーマ。暑い夏をさらに盛り上げたい」と話した。

 映画は7月13日から全国ロードショー。

(左から)玉木宏、木村佳乃、満島真之介


芸能ニュースNEWS

エミリー・ブラント、名作挑戦への思い 「自分なりのメリー・ポピンズ像を…」

映画2019年1月24日

 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』ジャパンプレミアが23日、東京都内で行われ、主演のエミリー・ブラント、日本語吹き替え版声優を務めた平原綾香と谷原章介が登壇した。  1964年公開のディズニー映画「メリー・ポピンズ」の20年後を描いた物 … 続きを読む

横浜流星、“泣くシーン”で苦労 「感受性があまり豊かじゃないので…」

映画2019年1月23日

 映画『キセキ-あの日のソビト-』『愛唄-約束のナクヒト-』イッキ見上映トークイベントが22日、東京都内で行われ、両方の作品に出演した横浜流星、野間口徹、奥野瑛太と、『愛唄』を手掛けた川村泰祐監督が登壇した。  25日公開の『愛唄-約束のナ … 続きを読む

木村拓哉、フェイ・ウォンの娘と“不思議な関係”に 「ストーリーを感じました」

CM2019年1月22日

 「LEVI’S ENGINEERED JEANS」新CM発表会が22日、東京都内で行われ、俳優の木村拓哉と中国出身のミュージシャン、リア・ドウが出席した。  リーバイ・ストラウス ジャパンは「リーバイス エンジニアード・ジーンズ」の誕生2 … 続きを読む

佐藤健、念願の海外監督との初仕事 「まさかこんなことになるとは」

映画2019年1月22日

 映画『サムライマラソン』の完成披露イベントが21日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は『ラストエンペラー』などで知られるジェレミ … 続きを読む

高橋ひかる「両親をハワイに連れていきたい」 パンサー尾形「スベリ過ぎたときに、石が割れていた」

トレンド2019年1月22日

 「JTBついてる! Hawaiiキャンペーン記者発表会」が22日、東京都内で行われ、同社のイメージキャラクターを務める女優の高橋ひかる、お笑いコンビ・パンサーの尾形貴弘、シンガーソングライターの杏沙子が登場した。 続きを読む

page top