宮近海斗、ストレートプレイ初挑戦 せりふの暗記は「お経のように…」

2017年12月7日 / 18:20

舞台「太陽のかわりに音楽を。」

 オールナイトニッポン50周年記念舞台「太陽のかわりに音楽を。」の公開舞台稽古が7日、東京都内で行われ、出演者の別所哲也、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、高田翔(ジャニーズJr.)、演出家のノゾエ征爾氏が稽古後に囲み取材に応じた。

 本作は、ラジオ深夜番組の舞台裏の熱気、そして情熱を描くオリジナル青春群像劇。「オールナイトニッポンZERO」のパーソナリティを務めるミュージシャンのトロイが、ひょんなことから“50年前”のラジオ収録現場にタイプスリップ。そこで、伝説のパーソナリティーと出会うというストーリー。

 トロイ役の宮近は、これがストレートプレイ(舞台演劇)初挑戦。「不安も、プレッシャーもめちゃくちゃあった。物語の軸となる役で、僕が崩れたら全体が崩れちゃうと勝手に思い込んでいたので、せりふもこんなにあってちゃんと入るかな…と思っていた」と当初の心境を明かした。

 一方、いざ稽古が始まると「一つ一つ、ステップアップしていくのがすごくうれしかった」と、自分でも成長を実感した様子。「演出家さんに『これは間違っている』とか言われながら、こうやって(舞台を)作っていくんだということをすごく学べたので、大きな一歩、自分の糧になったと思う」と胸を張った。

 大量のせりふを覚えるために「とりあえず、ずっと独り言みたいに言っていました。帰り道でも人通りが少なければ、ずっとお経を唱えるかのようにやっていました」と宮近。「そうしたら、(頭に)入るものですね。人間ってすごい!」と興奮気味に語り、笑いを誘った。

 一方の高田は「ジャニーズの年下の子と、外部の舞台で共演するのは初めて。結構1人に慣れているので、最初、接し方がわからなくて緊張しちゃったんです」と苦笑い。稽古初日に2人で食事に出掛けたところ、一気に打ち解けたといい、宮近は「ごちそうになっちゃいました」と頭を下げていた。

 舞台は、東京・銀座の博品館劇場で12月7日から17日まで上演。


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top