吉高由里子「純愛とは…?」に持論を展開 「愛なんて人から教わるものじゃない」

2017年9月23日 / 17:27

主演の吉高由里子

 映画『ユリゴコロ』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督が登壇した。

 本作は、沼田まほかる氏のベストセラーミステリーを映画化。吉高は、生まれながらに「人間の死」を“よりどころ”とし、絶望的な喪失感を抱えながら数奇な人生をたどる美紗子を演じた。

 映画の内容にちなみ「純愛とは何か?」と尋ねられた登壇者たち。「まず両親のことが思い浮かんだ」という松坂は、自身の父親が母親にしたプロポーズの言葉として「おやじが土下座するような感じで『僕は君と結婚できなきゃ、死ぬ』と言ったそうです」と語った。

 松坂は「それを初めておふくろから聞いた時はウワッと思った」そうだが、「今思い返すと、それだけ思いが強いというのはある種、純愛なのかな」と語った。

 「どうですか?」と聞かれた吉高は「狂気的だね。純愛のような脅迫のような…」と苦笑いを浮かべつつ「愛は凶暴なのでね」とマイペースで返した。

 そんな吉高は自身の“純愛”について「ヤバイ。何も言えない」と悩みながらも、「愛なんて人から教わるものじゃない。知識があっても何にもならない。体験や経験で育まれていくものなので、皆が持っている愛の感覚が純愛だと思う」と持論を展開した。

 続けて「私は二十歳を過ぎて、ハイボールのCMをやらせてもらっているのですが、日本でも、海外でも、家でも、外食しても、ハイボールを飲むという純愛の形を貫いています」と胸を張り、「愛の結晶、シュワシュワ。今日は土曜日なので皆さんもおうちに帰っていかがでしょうか。お後がよろしいようで」とまとめて、会場を盛り上げた。

 劇中では“体当たりの演技”を披露した吉高。熊澤監督は「本当に吉高さんなしでは、美紗子は撮れなかった。冗談抜きにして、吉高さんが血と涙を流しながら熱演してくれたおかげで出来上がった作品です」と振り返り「僕自身、吉高由里子の100年残る代表作だと思っている」と賛辞を送った。これには吉高も感極まった様子で、目を潤ませた。

(左から)熊澤尚人監督、清野菜名、松坂桃李、吉高由里子、佐津川愛美、清原果耶、主題歌を歌ったRihwa


芸能ニュースNEWS

紅蘭「女の子を出産して、めちゃくちゃ幸せ」 “じいじ”草刈正雄は「変わったあやし方をしています」

トレンド2019年3月25日

 「正しい美容医療クリニック選び啓蒙イベント」が25日、東京都内で行われ、タレントの紅蘭とお笑いコンビ・安田大サーカスのクロちゃんが登場した。 続きを読む

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

page top