堺正章、かまやつさんの面白エピソードを披露 遅刻の言い訳トップは「明日だと思った」

2017年5月2日 / 19:37

10年ぶりに“再結成”したザ・スパイダース

 すい臓がんのため3月1日に亡くなったムッシュかまやつさん(享年78)のお別れ会が2日、東京都内で営まれ、芸能関係者ら1000人が参列。お別れ会では10年ぶりに再結成したザ・スパイダースが「フリフリ」「バンバンバン」「ノーノーボーイ」などを披露した。

 会の終了後、ザ・スパイダースの6人(堺正章、井上順、井上堯之、大野克夫、加藤充、田邊昭知氏)が囲み取材に応じた。

 堺は「かまやつさんの素晴らしさを再認識する、そういう気持ちで終われました」と晴れやかな表情を見せつつ「リハーサルで、みんなが定位置についた時は何かジーンときてね。それでふと横を見ると、かまやつさんがいない。あの人が持っていた役割、スパイダースでの(彼の)価値というのは、いなくなって初めて分かった部分もありました」と語った。

 10年ぶりとはいえ、見事な演奏を披露したザ・スパイダース。堺が「みんな命懸けでしたから」と笑わせれば、井上順も「最後までよく持ちましたよね。やっぱり“かまやつさんを送ろう”という気持ちだと思うの。田邊さんにしても、本当に10年ぶりにスティックを持ったわけですよ。明日大変だと思うけど、それに負けない魂のドラムスを聞かせてもらった。何よりもお別れ会って悲しくなっちゃう感じがあるけど、堺さんの絶妙な司会のおかげで、みんなで明るくかまやつさんを送ることができた。もう拍手しかない。最高だよ」と語った。

 また、かまやつさんの思い出を語る中で、堺は「遅刻の常習犯。いろんな言い訳を作っていたけど、それがかまやつさんのアーティスト性というか、それで怒る人はいなかった」と述懐。

 「世間の形にハマることがないので、一番扱いにくいメンバーだった」としながらも、その自由さに触れ「そういうのがある意味、スパイダースを作っていてくれていた。よく遅れましたよ。一番印象深かった言い訳? 『明日だと思った』。そのパターンをよく使っていました」と笑わせた。

 さらに「表のリーダーは田邊さんだけど、スパイダースを小さいお魚から大きいお魚に変えていってくれたのはかまやつさんの存在だった。これは大きかった。ミリタリールックを着ようというのもかまやつさんのアイデア。ちゃんちゃらおかしくて私はやりたくなかったけど、いざ着てみたら、それがスパイダースを象徴するようなものになった」と振り返った。

 10年ぶりの再結成となったザ・スパイダース。「次はいつ見られる?」という質問に田邊氏が「基本的にはないと思う。誰か死んだら…」と冗談めかせば、堺も「あんまり癖になっちゃってもいけない。できればスパイダースは思い出の中にあった方がいいというのが本音でしょうかね」とコメント。

 井上順も「スパイダースとしては、今日がある意味、一つのけじめになった。とにかくうれしかったのは残っている6人のメンバーが元気に演奏できて、楽しい時間を過ごせたこと。一番喜んでくれているのはかまやつさんじゃないかな」と目を細めた。


芸能ニュースNEWS

中村倫也、有村架純の“熱い一面”を明かす 「来週、再来週の台本もチェックしている」

ドラマ2022年7月1日

 金曜ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の記者会見が1日、神奈川県横浜市で行われ、出演者の有村架純、中村倫也、赤楚衛二、おいでやす小田、さだまさしが出席した。  本作は、東大卒のパラリーガル・石子(有村)と高卒の弁護 … 続きを読む

塙宣之「ちむどんどん」で会社の社長・樋口役 暢子役の黒島結菜は「天然で人柄がいい子」

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。6月30日の59回から登場したナイツ・塙宣之からコメントが届いた。塙は「梅ちゃん先生」(2012)「まれ」(15)に続き、3度目の連続テレビ小説への出演となった。  本作は、本土復帰前の沖縄 … 続きを読む

吉沢亮、大先輩たちにひざまずかれ「せりふを言うとき声が震えた」 山崎賢人「水分補給をして、『キングダム』で盛り上がって」

映画2022年7月1日

 映画『キングダム2 遙かなる大地へ』ワールドプレミアが30日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈、清野菜名、岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、豊川悦司、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、玉木宏、小澤征悦、佐藤浩市と佐藤信介監督が登壇 … 続きを読む

二宮和也、自由奔放なロボットにタジタジ 『TANG タング』インタビュー特別映像が解禁に

映画2022年6月30日

 嵐の二宮和也が主演する映画『TANG タング』から、ロボットのタングが二宮にインタビューをする映像が解禁された。  本作の原作は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい1冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガ … 続きを読む

『アバター』最新作、日本公開日が12月16日に決定 美しいナヴィの少女が描かれたポスター&場面写真が公開に

映画2022年6月30日

 ジェームズ・キャメロン監督が13年間心血を注ぎ、新たな金字塔を打ち立てた『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の待望の日本公開日が、全米公開と同時の12月16日に決定。併せて、美しいナヴィの少女が描かれたポスター、そし … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top