松井玲奈“空耳”でテンションが上がる 「スペシャルゲストに福山雅治さん!?」

2017年4月29日 / 16:00

清水富美加と漫才コンビを演じた松井玲奈

 映画『笑う招き猫』の初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の松井玲奈、落合モトキ、前野朋哉、なすなかにし(那須晃行、中西茂樹)、飯塚健監督が登壇した。

 本作は、27歳の漫才コンビ「アカコとヒトミ」が、お笑いの頂点を目指して奮闘する青春ガールズムービー。この日は、映画のタイトルに掛けて“私は○○を招く”というテーマでトークを行った。

 「私は空耳を招きます」と切り出した松井は「耳があまりよくないというか、理解が頭の回路の中でちょっとおかしくなっちゃう時があって…。割と空耳が多いです」と説明した。

 この日も「さっき、那須さんが『トイレに福山雅治がいた』と言っていて。スペシャルゲストで福山さんが来てくれるんだ!と思いました」と空耳による勘違いを明かした。

 空耳のきっかけを作った那須も「最初は、意味が分からなった。俺が『トイレに入るの不可能だった』って言ったら(松井が)1人でテンションが上がって『福山雅治がいた!?』とか言ってて」と状況を再現。

 「そう聞こえたんです。ここで1曲歌ってくれるのかなと思って」と残念がる松井に、共演者らは「なんの縁もないやん!」と笑いながら突っ込んだ。

 一方、本作で松井とW主演で漫才コンビを演じたのは、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した清水富美加。芸能界を去った清水は、本作の宣伝活動には一切登場しなかった。

 そんなこともあり飯塚監督は「(自分が招くのは)トラブルとか言いたいけど、誤解を招いちゃいけないからね」と自虐交じりに語り、最後のあいさつでも「この作品は、既に報道でご存じの通りいろいろありました。だからこそ、今日という日が無事迎えられて良かったと思います」と感慨深げに客席を見渡した。

 「その間、松井が頭になって、1人で宣伝を頑張ってくれた。いろんな思いがあり、今日はとてもうれしい」と松井をねぎらった飯塚監督。最後は「作品の内容は、いろんな状況に置かれているいろんな世代の方が、何かをやめるという決断をする物語です。それは後ろ向きな意味ではなく、前進するためにやめるというもの。ぜひ何かを感じていただけたら」と呼び掛けた。

(左から)なすなかにし、落合モトキ、松井玲奈、前野朋哉、飯塚健監督

(左から)なすなかにし、落合モトキ、松井玲奈、前野朋哉、飯塚健監督


芸能ニュースNEWS

西城秀樹さんの告別式に1万人が参列 郷ひろみ「秀樹は天国に行ってしまった」

ニュース2018年5月26日

 16日に急性心不全のため、63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの告別式が26日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、関係者、ファンなど合わせて1万人以上が参列し、西城さんに最後の別れを告げた。  西城さんと共に「新御三家」として一世を風靡(ふう … 続きを読む

女子大生シンガーの鈴木瑛美子『恋雨』の主題歌で魅了 大泉洋、小松菜奈も「すてきです」とメッセージ

トレンド2018年5月26日

 「恋雨公開記念 主題歌“フロントメモリ―”鈴木瑛美子歌唱イベント」が26日、神奈川県川崎市で行われ、歌手の鈴木瑛美子と映画『恋は雨上がりのように』の永井聡監督が出席した。 続きを読む

野口五郎、西城さんへ「君は本当に特別な存在だった」 「もうリハビリしなくていいからね」

ニュース2018年5月26日

 16日に急性心不全のため、63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀が26日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。西城さん、郷ひろみと共に「新御三家」と呼ばれた野口五郎が弔事を読み上げた。  野口は「秀樹、君が突然去ってしまったと知ってから、 … 続きを読む

ディーン・フジオカ、主演映画の4カ国公開が決定 「海を越えて世界に駆けていってほしい」

映画2018年5月26日

 映画『海を駆ける』の初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者のディーン・フジオカ、太賀、鶴田真由ほかが登壇した。  本作は、インドネシアのバンダ・アチェを舞台に、ディーン扮(ふん)する謎の男が現れたことで起こる不可思議な現象を描 … 続きを読む

コロッケ、西城秀樹さんの“教え”を明かす 「人気が出ても勘違いだけはするな」

ニュース2018年5月26日

 16日に急性心不全のため、63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀が26日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。葬儀の前に焼香を終えた物まねタレントのコロッケが報道陣の取材に応じた。  コロッケは「寂しいというか、本当にどうしていいか分から … 続きを読む

page top