高橋一生「色気ってね、意識しないことですよ」 神木隆之介の質問に余裕たっぷり

2017年4月13日 / 17:56

カップ麺も大好きな高橋一生

 映画『3月のライオン』“愛の後編”特別試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、高橋一生、清原果耶と大友啓史監督が出席した。

 羽海野チカ氏による同名ベストセラーコミックを実写映画化した本作の後編では、17歳の将棋のプロ棋士・桐山零(神木)が彼をめぐる人々によって愛することを知り、大切な人たちを守るため強くなっていく姿を描く。

 前編の評判について神木は「試写会で見てくれた仲間や友だちたちからもすごくよかったと言ってもらっています」と喜び、映画『聖の青春』で将棋棋士・羽生善治を演じた東出昌大とは「でっくんちで対局させてもらって…、本当に強いんです。将棋を教えてくれた先生とでっくんも友だちだったみたいで、将棋を指しながら3人で将棋のことを話していました」と明かした。

 零の担任教師・林田高志役の高橋は、演じたキャラクターがよく食べているカップ麺を「テストのときからちゃんと食べていました。カメラの向こう側に麺を用意してくれる方がいて、ものすごく大きいタッパーに麺だけ入っているんです。終わるたびに入れ替えて、カップ麺の“替え玉”ができていました」と撮影を振り返って笑いを誘い、「ご飯を食べるのが大好きでカップ麺も大好きだったので本当に食っていました」と満足げに微笑んだ。

 担任で人生の“先生”でもある高橋に「どうやったらそんなにすてきに生きられるんですか」と質問した神木には「これからどんどん膨らんでいくと思うので、神木さんは神木さんのままで。僕からは何も言うことはありません」とアドバイス。さらに「色気ってどうやって出すんですか」と突っ込んだ質問には「色気ってね、意識しないことですよ」とさらりと答え、余裕たっぷりな高橋に客席から黄色い歓声が飛んでいた。

 また、現在15歳の清原がどうやって15歳の今を生きればいいかと頭を悩ます場面では、神木が「もし自分が15歳のときの自分にひとつ言えるとしたら、モテたいって言っているうちはモテないぞと言いたい。いま、23歳の自分が学んだことをそのまま15歳の僕に言いたいです」と自らに“忠告”して笑わせていた。

 映画『3月のライオン』後編は4月22日から全国ロードショー。

イベントに出席した(左から)清原果耶、神木隆之介、高橋一生、大友啓史監督

イベントに出席した(左から)清原果耶、神木隆之介、高橋一生、大友啓史監督


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top