成田凌「僕も早いとこ子どもがほしい」 新CMでイクメン社員役

2017年3月29日 / 18:58

イクメン社員役を演じた成田凌

 サントリー「CRAFT BOSS」新CM発表会が29日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める堺雅人、成田凌、お笑いコンビ、ピスタチオの小澤慎一朗が登壇した。

 今回の起用に成田は「小学校5年の時から見ていたCM。撮影後に(ポスター用の)スチール撮影をしている時に、僕ちょっと芸能人になったのかもしれないな…と実感しました」としみじみ。「実家には父のBOSSジャンがあります!」と昔からの“BOSS愛”もアピールした。

 新CM「新しい風・いいコンビ」篇で、成田は堺演じる上司にまったく遠慮しない今風の若手社員を熱演。堺から仕事後に「寿司でも食いに行くか!」と食事に誘われるも「あ、俺、ナマものダメなんで」とあっさり断るなど、従来の価値観からは想像もできない言動で堺に“新しい風”を体感させる。

 「新しい風・誰もいない」篇では、公園で仕事をする成田の様子が描かれており、スカイプで堺から「なんで会社に来ないんだ?」と聞かれた成田は「なんで行かなきゃいけないんですか?」と聞き返す。そこで「もちろん仕事はちゃんとやりますよ」と言いながら、成田が笑顔で抱き上げたのはなんと自分の赤ちゃん。しかも「イクメン」だったという驚きの設定となっている。

 この日、実生活でも「数カ月前にめいっ子が生まれまして」とうれしそうに明かした成田は「仕事が早く終わるたびに実家に会いに帰っているんです」とメロメロな様子。

 そんなこともあって、子どもをあやすのには慣れている成田だが「撮影当日は、赤ちゃん役の男の子が2人、女の子が1人いたのですが、女の子がどうしても懐かなくて。ずっと泣かれてしまい、僕もまだまだだなと思いました」と苦笑い。それでも「子どもが好きなんです。僕も早いとこ子どもがほしいですね」と声を弾ませながら父親願望を明かしていた。 

 一方、最近感じた“新しい風”としては「撮影中に堺さんに言われた一言」を挙げた成田。「本当に気さくな方で、いすを僕たちの方に向けて話をしてくださるんです」と堺の人柄を紹介しつつ「お芝居した後に『成田さんは面白いですね』って言ってくださって。何か褒めてもらえるのかな?と思ったら『どうしてサッカーなんていうスポーツをやるんだい…?』と言われて。そんなこと考えた事なかったな…と思って。すごく新しい風を受けました」と大先輩とのやり取りを笑顔で振り返った。

 新CMは4月4日から全国でオンエア開始。

演出で“新しい風”を受け止める小澤慎一朗(右)

演出で“新しい風”を受け止める小澤慎一朗(右)


芸能ニュースNEWS

片瀬那奈、風間杜夫との共演で好みのタイプが変わった!? 「世界が広がったし、希望が持てた」

映画2017年10月23日

 映画『こいのわ婚活クルージング』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の風間杜夫と片瀬那奈が舞台あいさつに登壇した。  本作は、第二の人生のパートナーを探すバツイチの実業家と、元ご当地アイドルでアラサー過ぎの独身編集者が織りな … 続きを読む

ハリソン・フォード、デッカードとして35年ぶりに来日 長年、同じキャラクターを演じ続ける心境を語る

映画2017年10月23日

 映画『ブレードランナー 2049』の来日記者会見が23日、東京都内で行われ、出演者のハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が出席した。  本作は、レプリカントと呼ばれる人造人間と、彼らを追う … 続きを読む

山田孝之、米大統領の声を演じる 「ドナルド・トランプの声ができるなんて最高」

映画2017年10月21日

 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、声優を務めた山田孝之、知英、安田顕、FROGMAN監督が登壇した。  本作は、日本の低予算フラッシュアニメーション「秘密結社 鷹の爪」と、バットマン、 … 続きを読む

満島真之介、高橋一生と妄想トークを展開 「僕があなたをデートに誘えるのはいつ?」

映画2017年10月21日

 映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、高橋一生、二宮健監督ほかが出席した … 続きを読む

橋本環奈、福田監督のイジりに悲鳴 「そういうこと言わないで!」

映画2017年10月21日

 映画『斉木楠雄のΨ難』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシと福田雄一監督が出席した。  本作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の同名ギャグ漫画を映画化。 … 続きを読む

page top