中川大志、10代の男女に恋愛アドバイス 「思いは、本能的に伝えたい時に伝えて」

2017年3月28日 / 20:54

(前列左から)平祐奈、中川大志、千葉雄大、(後列左から)池田エライザ、高杉真宙、岡崎紗絵

 体験型ティーンズフェス「超十代-ULTRA TEENS FES-2017@TOKYO」が28日、千葉県千葉市の幕張メッセで開幕。その一環として設けられた“教室ステージ”に、映画『ReLIFE リライフ』に出演した中川大志、平祐奈、千葉雄大、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵が登壇し、特別授業を行った。

 漫画アプリの人気作を実写映画化した本作は、27歳でニートの海崎新太(中川)が社会復帰実験プログラム「リライフ」に参加して若返り、高校生活を送るというもの。

 映画の内容にちなみ「この先、終わりが来る恋だと分かっていても告白するのはあり?なし?」というお題に、中川は「ありです。やっぱり絶対に後悔すると思うし、終わりが来るからこそ告白したい」と答えた。

 同様に「あり」と答えた千葉は「普通、お付き合いをする時は、この関係が続けばいいなと思って始まるわけだけど、ずっと一緒にいると、相手に対して(対応が)おろそかになってしまうこともある。終わりが見えていると、すごく濃密な時間が過ごせるような気がします」と28歳ならではの回答をして、観客をうならせた。

 一方、池田は「終わりが見えちゃうのは寂しい」と「なし」を選択するも、両思いの期間が1カ月以上あるとしたら「(告白も)ありかな…」と答えた。

 高杉も「僕は(終わりが見えているのに)自分の気持ちだけを伝えるというのはちょっと自己中かな」と「なし」を選択していたが、「1年あるなら考える。でも(その後に別れるのは)ちょっと寂しいですね」と揺れる思いを語った。

 会場ではさまざまな意見交換がなされたが、最終的に中川が「自分の気持ちに素直になろうということですかね。本能的に、伝えたい時には伝えていきましょう」と10代の若者たちに熱く呼び掛けた。

 また「10年後、思い描いている自分になれていると思うか?」という質問に「そう思わない」と答えた千葉は「(撮影当時の)27歳って、10年前はもうちょっと大人だと思っていたし、なんなら結婚して、もう子どももいると思っていた」と語った。

 同様に「思わない」と答えた中川だったが「そもそも理想がない。こうなりたいというのがないので、どうなっている可能性もあるかなと思って」と意外な回答をし、芸能界入りのきっかけについても「スカウトされたので軽い気持ちで…。今は野心もありますけどね」と語った。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top