飯豊まりえ「食べるとすぐおなかが出てしまって…」 ホックが外れたままでの撮影を告白

2017年3月20日 / 15:29

モデルらしからぬ発言で会場を沸かせた飯豊まりえ

 映画『暗黒女子』の公開直前イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の飯豊まりえ、平祐奈、玉城ティナ、小島梨里杏が出席した。

 秋吉理香子氏の同名小説を映画化した本作は、セレブ女子高生たちが通う聖母マリア女子高等学院を舞台にした“全員悪女”によるだまし合いと裏切りのエンターテインメント作。

 この日は、記者に扮(ふん)した耶雲哉治監督が、4人に「暗黒女子の皆さんはどのぐらい“あんこ食う”女子なんですか?」と珍質問をする一幕も。監督のサプライズ登場に、4人は「いつからいたんですか?」と驚きながらも大爆笑だった。

 そんな耶雲監督は飯豊に「撮影中は毎日涙を流していましたが、僕のことが嫌いだったのでしょうか?」と質問した。

 「はい、嫌いでした」と苦笑しながら答えた飯豊は「監督に怒られた時は、監督もADさんの時代には(上司から)怒られていたんだなと思って。その姿を想像して頑張ろうと思いました」と明かした。

 続けて飯豊は「監督が嫌いというか、どうしたら『頑張ったね』と言ってもらえるかな…と思いながらやっていました」と振り返った。

 さらに耶雲監督は、撮影中の食事がおいしかったことに触れ「午後の撮影になると『(キャストの)スカートが入らない』という苦情が衣装さんからあった。あれは一体誰だったの?」と質問した。これに手を上げた飯豊は「私が(ホックを)外してやっていたの…誰か気付いていたんですか?」と恐る恐る“白状”した。

 飯豊は、食事をせずにスカートの採寸に臨んだとし「結構ウエストをきつめにセットされちゃって、出来上がりがぴったしだったんです」と弁解。

 そのため「食べるとすぐおなかが出てしまって(ホックが)止まらなくなっちゃう。だから、外した…というよりは『○○なんだ~!!』と(せりふを勢い良く)言ったりすると、プチっという感じで…」と恥ずかしそうに明かし、会場を沸かせた。

 これには耶雲監督も「気づかなかったです」とすっかり驚いた様子。「いま汗がすごいです」と照れまくりの飯豊は「結構(ホックは)外れてました。座っている時とか。座るとおなかが出ちゃうので、開いちゃうんですよね」と開き直って告白した。

 映画は4月1日からロードショー。

(左から)玉城ティナ、飯豊まりえ、平祐奈、小島梨里杏

(左から)玉城ティナ、飯豊まりえ、平祐奈、小島梨里杏


芸能ニュースNEWS

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」

舞台・ミュージカル2017年12月16日

 スペシャルトークイベント「メサイア -TALK MISSION'17-」が16日、東京都内で行われ、キャストの杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一、山本一慶、宮城紘大、小谷嘉一ほかが登壇した。 続きを読む

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

映画2017年12月16日

 映画『花筺/HANAKAGAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。  本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月 … 続きを読む

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」

映画2017年12月16日

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブス … 続きを読む

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」

映画2017年12月16日

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、日野晃博監督が出席した。  本作は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまで描かれて … 続きを読む

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」

映画2017年12月15日

 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松田龍平が登壇した。  シリーズ累計動員数が200万人を突破し、松田と共にくす玉を割って祝った大泉は「200万人ってちょっとピンとこない。200 … 続きを読む

page top