イモトアヤコ「ガッキーを超えるんじゃないか」 花嫁姿でのダンスを自画自賛

2017年2月20日 / 19:07

女子プロレスラーを演じたイモトアヤコ

 ドラマ「あなたにドロップキックを」の試写会および会見が20日、東京都内で行われ、出演者のイモトアヤコ、惡斗、高橋光臣ほかが出席した。

 本作は、第40回「創作テレビドラマ大賞」に選ばれた脚本をドラマ化。理不尽な他人の振る舞いを「自分は人生の脇役」と諦めにも似た気持ちで受け入れてきた主人公・秋子(イモト)が、女子プロレスの悪役としてリングで体を張る同い年のモモ(惡斗)と出会い、自分自身の人生の“主人公”として生きていく様子を描く。

 イモトは「最初にタイトルを聞いた時に、これは私にぴったりだなと思った」と自信たっぷりに話し、完成したドラマを見て「自分で言うのも何ですけど、今まで自分が見たことのない自分の表情が28回ぐらいあった。お芝居の中だけどリアルな自分がいると感じて、こんな表情をするんだとびっくりしちゃった」と語った。

 スケジュールに“プロレスの練習”が入っていたことから「自分がドロップキックをやるんだという覚悟ができた」というイモトのプロレス指導にもあたった惡斗は「イモトさんは約3時間ほどでドロップキックが打てた。レスラーたるもの、思い切りの良さが大事で、表情も豊かですし、打点も高い。もっとドロップキックを学んでいかれたら、何かのタイミングで使えると思います。プロレスラーにほしい逸材」とイモトのセンスの良さを認めた。

 惡斗自身は低下した視力が戻らなかったことからプロレスを引退しており、「もともと私をイメージして(モモを)書いてくれたと聞いて。もう二度とリングに上がれることはないのかなと思っていたけど、リハーサルなどを入れて5分程の試合を3回やりました。皆さんにもう1回リングに上げてもらってありがとうございますという気持ちで撮影に臨ませていただきました」と思いを語った。

 また、一方的に婚約を破棄しながら謝りたいとつきまとい、秋子を苦しませる小林を演じた高橋について、イモトは「心から、何だこいつとイラつける人だったので感謝です」と評して笑いを誘った。

 エンディングでウエディングドレスを着てダンスするイモトを「かわいかった」と褒めちぎる高橋に対してイモトは「クソ野郎だ」と返しながらも、「でもあれはかわいかった。びっくりしますよ。ガッキー(新垣結衣)を超えるんじゃないかというぐらいかわいかった」と自画自賛した。

 ドラマは3月17日午後10時からにNHK総合テレビでオンエア。

(左から)惡斗、イモトアヤコ、高橋光臣

(左から)惡斗、イモトアヤコ、高橋光臣


芸能ニュースNEWS

金爆、“ボンカレー”コラボ企画の広報大使に 理由は「ずばり名前が近かったから」

トレンド2019年6月27日

 「ボンカレーゴールド×スーパーボンバーマンR」コラボ発表会が27日、東京都内で行われ、広報大使としてゴールデンボンバー(金爆)の鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二が登場した。 続きを読む

唐沢寿明、トイ・ストーリー主題歌「歌ってません」 ダイアモンドユカイがステージ上で生歌唱

映画2019年6月27日

 映画『トイ・ストーリー4』来日スペシャルイベントが27日、東京都内で行われ、ジョシュ・クーリー監督、マーク・ニールセンプロデューサー、日本版声優の唐沢寿明、所ジョージ、竜星涼、日本語主題歌を歌うダイアモンドユカイが出席した。  2人の来日 … 続きを読む

中村倫也、東京シティ競馬に初登場! 「空が降ってくるような感覚にドキドキ」

2019年6月27日

 東京・大井競馬場で開催中の東京シティ競馬(以下、TCK)で26日、俳優・中村倫也のトークショーが行われた。  中村は、賀来賢人、大谷亮平とともに2019年TCKのイメージキャラクターを務めている。壇上からの中村の「暑くなかったですか?」の … 続きを読む

舞台「囚われのパルマ」東京公演開幕 太田基裕「緊張感を持って頑張っていけるよう精進」

舞台・ミュージカル2019年6月27日

 舞台「囚われのパルマ」舞台あいさつが26日に東京都内で行われ、太田基裕、前島亜美、悠未ひろほかが登壇した。  本作は、同名の体感恋愛アドベンチャーゲームの舞台化作品。ゲームは、ある孤島を舞台に一人の記憶喪失の青年と交流し、心と記憶をひも解 … 続きを読む

宇垣美里「たまには全部を捨ててイチからやり直したい」 前田裕二社長と映画PRイベントに出席

映画2019年6月27日

 映画『ピアッシング』の公開直前イベントが26日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里、ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」の前田裕二社長がゲストで登場した。  本作は、村上龍氏の小説をハリウッドで実写化した、“殺人衝動 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top