“新人賞”星野源、新垣結衣と「逃げ恥」ツーショット! ドラマ制作チームも特別賞受賞

2017年2月3日 / 17:00

お祝いに駆け付けた新垣結衣

 日本映画テレビプロデューサー協会による「2017年 第41回エランドール賞」授賞式が2日、東京都内で行われ、大ヒットを記録したTBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」制作チームが「特別賞」を受賞。授賞式にはプレゼンターとして主演の新垣結衣と、共演で「新人賞」を受賞した星野源が登場した。

 プロデューサー陣に花束を贈呈した新垣は「きょうは“お祝いする側”で来たので自分が『おめでとう』と言われるつもりはなかったのですが、準備をしている間にいろんな方々が私に『おめでとうございます』と言ってくださって…。そういえば、私も『逃げ恥』の一員だったと思いました」と喜びのコメント。

 改めて「本当に皆さんにドラマを見ていただけて、賞まで頂いて、いい作品の一員として3カ月過ごせたことをすごくうれしく思います」と感謝を述べると、制作陣に「楽しかったですね。良かったですね。私も本当にうれしいです」とほほ笑みかけた。

 星野も、「『逃げ恥』のポイントはチームワークの良さです。関わった人の一人ひとりが、自分のできる一番素晴らしい仕事をして、それが、(結果に)つながったんだと思います」と振り返り「本当に家族みたいな現場で温かいドラマが生まれました。僕も関われて本当に幸せです。本当におめでとうございます」と祝福した。

「逃げ恥」制作チームの特別賞受賞を祝福した星野源(左)と新垣結衣

「逃げ恥」制作チームの特別賞受賞を祝福した星野源(左)と新垣結衣

 また、「新人賞」に選出された星野の受賞の際には新垣が再び登壇。新垣は「何度もすみません。きょう2度も壇上に上がるとは…」と照れ笑いを浮かべつつ、星野の晴れ舞台を祝福。ドラマ撮影時を振り返り「星野さんはいろんな作品を同時に撮影していてすごく忙しい時期でした。私もしんどいだろうなと思っていたのですが、星野さんはそんなことも感じさせず、本当に現場では穏やかで…。それを見て私も頑張らねばと背中を押されたし、とても平和な楽しい時間を過ごせました」と感謝し「これからも健康に楽しく頑張ってください。おめでとうございます」とねぎらいの言葉を掛けた。

 昨年は「逃げ恥」ほか大河ドラマ「真田丸」などでも活躍した星野は、トロフィーを手に「歴史ある賞を頂けて本当にうれしいです」と感激の面持ち。「中学1年の時から演劇を始めて、同じころから音楽を始めて、2つをずっと続けてきたのですが、それが報われたようなそんな素晴らしい1年でした」と昨年を振り返り「これからもいろんなことを忘れず、自分のペースで未来に向かっていろんな活動をしていきたいと思います」と今後のさらなる飛躍を誓った。


芸能ニュースNEWS

五郎丸歩、日本代表に期待するのは「優勝」 間近に迫ったラグビーW杯に「興奮しています」

トレンド2019年8月16日

 「キッカー ベア カプセルコレクション」発表会が16日、東京都内で行われ、元ラグビー日本代表の五郎丸歩、女優の山崎紘菜が出席した。 続きを読む

タロン・エガートン「エルトンとの間に絆と友情が生まれた」 「魔法のような経験でした」

映画2019年8月16日

 映画『ロケットマン』ジャパンプレミアが15日、東京都内で行われ、主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が登壇した。  本作は、伝説的ミュージシャンのエルトン・ジョンの半生を、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレッチャー監督が描 … 続きを読む

八村塁「ドラフトされたときと同じぐらいうれしい」 ゲーム内にキャラクターとして登場

イベント2019年8月15日

 NBA公認バスケットボールゲームソフト「NBA 2K20」日本オフィシャルアンバサダー発表会が15日、東京都内で行われ、NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手が出席した。  ゲームのオフィシャルアンバサダーに就任した八村選手は「小さい頃 … 続きを読む

山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が恋愛観を披露 「親友と同じ人を好きになったら」に回答

映画2019年8月15日

 映画『二ノ国』公開直前・中高生限定スペシャルトークイベントが14日、東京都内で行われ、声優を務めた山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が登壇した。  高校生の青春や葛藤を描いた本作にちなみ、「自身の高校時代」について尋ねられた山崎は「何をやって … 続きを読む

田中圭と林遣都、お泊まりロケの思い出を語る 「平成最後の満月の夜だった」

映画2019年8月14日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』プレミアムトークイベントが13日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top