石田ゆり子、「ジュエリーベストドレッサー賞」 22年ぶり受賞で「宝石はお守りのような存在」

2017年1月25日 / 15:41

40代部門を受賞した石田ゆり子

 過去1年を通じて“最も輝いていた人”“最もジュエリーが似合う人”を世代別に選考し表彰する「第28回 日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式が24日、東京都内で行われ、受賞者の中条あやみ、西内まりや、柴咲コウ、石田ゆり子、賀来千香子、桃井かおり、三浦春馬、卓球リオ五輪銅メダリストの福原愛選手、体操リオ五輪金メダリストの内村航平選手が出席した。

 来月成人する中条は10代部門を滑り込みで受賞し「10代最後にすてきな賞がいただけてうれしい。いただいた宝石のようにいろいろな方に磨かれて、自分でも磨きをかけてキラキラ輝けるように頑張りたい」と笑顔を見せ、20代部門受賞の西内はアクセサリーが映えるようにと着物をアレンジした衣装で「大切な誕生日やクリスマス、特別な日に男性からいただきたいという夢はあります。今すぐではないですけど、結婚はしたいですね」と乙女心をのぞかせた。

 30代部門の柴咲は、表彰式前に第28回国際宝飾展を見て回りたいそう感激したようで「今後は普段からも身に着けたい。いくら宝石が美しくても中身が伴わないと意味がないと思うので、歳を重ねるごとにもっと宝石が似合う人物になれれば…」と意気込んだ。50代部門に選ばれた賀来も「小さいころは自分も大きくなっていつかすてきな宝石が似合う女性になれたらと心を輝かせていましたが、今日一気にその夢がかなったような気がします」と喜んだ。

 また、石田は第6回で20代部門を受賞しており、今年は40代部門に選ばれた。「確か25歳くらいだったかなと思いますが、そのときは本当に子どもで、アクセサリーと自分にとても距離があって、着けると緊張するような存在でした」と苦笑しながら懐かしみ、「そこから22年たって47歳。宝石やジュエリーというものがいかに自分にとってお守りのような存在になっているか、ここ10年くらいですごく感じています」と宝石への感謝を述べた。

「第28回 日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞」受賞者
 10代部門   中条あやみ
 20代部門   西内まりや
 30代部門   柴咲コウ
 40代部門   石田ゆり子
 50代部門   賀来千香子
 60代以上部門 桃井かおり
 男性部門    三浦春馬
 特別賞女性部門 福原愛
 特別賞男性部門 内村航平


芸能ニュースNEWS

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」

舞台・ミュージカル2017年12月16日

 スペシャルトークイベント「メサイア -TALK MISSION'17-」が16日、東京都内で行われ、キャストの杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一、山本一慶、宮城紘大、小谷嘉一ほかが登壇した。 続きを読む

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

映画2017年12月16日

 映画『花筺/HANAKAGAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。  本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月 … 続きを読む

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」

映画2017年12月16日

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブス … 続きを読む

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」

映画2017年12月16日

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、日野晃博監督が出席した。  本作は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまで描かれて … 続きを読む

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」

映画2017年12月15日

 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松田龍平が登壇した。  シリーズ累計動員数が200万人を突破し、松田と共にくす玉を割って祝った大泉は「200万人ってちょっとピンとこない。200 … 続きを読む

page top