堀北真希&木村文乃の電撃結婚の陰に松坂桃李!? 菅田将暉は「縁結びの神様」とツッコミ

2016年12月7日 / 16:47

縁結びの神様? 松坂桃李

 映画『キセキ -あの日のソビト-』の完成披露舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、兼重淳監督が登壇した。

 この作品は男性4人組のボーカルグループ「GReeeeN」の、代表曲「キセキ」が誕生するまでを描いた青春映画。「GReeeeN」のプロデュースを務めるジン(松坂)と、弟のヒデ(菅田)を主人公に、夢と現実の狭間で仲間や家族との衝突や葛藤を乗り越えていく姿を描く。

 この日は登壇者そろって劇場後方から客席間の通路を通って入場しファンを大絶叫させたほか、撮影エピソードやタイトルにちなんでそれぞれの「奇跡」を発表して会場を盛り上げた。

 中でも、「奇跡」を語るコーナーで「結婚」と発表した松坂は、どよめく観客の反応を前に「僕じゃないですよ」と前置きしつつ、「共演して相手役を演じた女優さんがことごとく電撃結婚をするという。『梅ちゃん先生』の堀北真希さんからはじまり、今年は木村文乃さん」と説明。続けて、「基本的に自分にいいことはまったくなくて、向こうがどんどん幸せになっていくという何とも言えないですね」とぼやくと、菅田がすかさず「松坂桃李は縁結びの神様」と持ち上げた。

 一方の菅田は、16歳の時に『仮面ライダーW』のオーディションを受けたことを振り返り、「ここ(銀座)のビルでオーディションを受けてこの世界に入って、その時に戦隊ものをやっていたのが桃李君で…。その2人の初主演映画がここ(銀座)で公開というのはわりと激熱だなと」と感慨深げに語った。

 そんな2人のスケールの大きなエピソードの後に「いい話ではないので出しにくくなっていますけど」と謙遜気味に切り出した忽那は、「京都で人生初めて財布を落として、東京じゃないので余計にパニックを起こしていたら交番に届いていて。拾ってくださった方に後日お礼を言いに行きました」と心温まるエピソードを披露していた。

 映画『キセキ -あの日のソビト-』は来年1月28日公開。

(左から)松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里

(左から)松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top