浅田真央&羽生結弦選手の“ときめき”話って? CMでオリジナル演技を披露

2016年10月20日 / 16:52

浅田真央選手(左)と羽生結弦選手

 フィギュアスケートの浅田真央選手と羽生結弦選手がそれぞれ出演する、ロッテのガーナミルクチョコレートの新CMが2本、22日から全国でオンエアされる。二つのCMでは、コブクロの書き下ろしCMソング「tOKimeki」に合わせ、2人それぞれが華麗な演技を披露している。

 浅田選手が出演する「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇では、真っ赤な衣装を身にまとい、ジャンプやスピンなどの演技を披露。撮影では、序盤、監督の歌に合わせてスケートを行う場面が。監督の歌を聞いた浅田選手が「監督、上手です、上手です!」と絶賛すると、監督は「ちゃんと(僕の)目を見て言ってよ(笑)」と照れ笑いするなど、撮影開始早々打ち解けた様子だった。

 またコブクロの「tOKimeki」を聞いた浅田選手はすぐにリズムをとるなどノリノリ。監督からリクエストされた“楽しく”をイメージした演技を即興で披露。自身で何度も演技チェックをするなどこだわりを見せた。

 一方、羽生選手が出演する「真っ赤って、ときめき。羽生結弦スケート」篇では、同じく真っ赤な衣装の羽生選手がハイスピードカメラに合わせてスケーティングを披露。指でOKサインを作り、「OK♪」というシーンでは、試合中はなかなか見られない羽生スマイルが見られる。

 ハイスピードカメラを使用しての撮影では、羽生選手から「僕の動きに(カメラが)合わせるよりも、僕がカメラの動きに合わせる方がやりやすいです!」と提案。羽生選手はカメラに映る範囲ぎりぎりまで氷上を目いっぱい使い、ダイナミックでありながらも滑らかなスケーティングを披露していた。

 またカメラに向かって「OK♪」というシーンでは、監督から「ウキウキするような感じで何回か繰り返して」とリクエストされると「恥ずかしい!」とはにかむ姿も。動画サイトに公開されているメーキングでは両手でOKサインをするなど、チャーミングな羽生選手も見られる。

 撮影後のインタビューでは、浅田選手は自身の撮影を振り返り「100点満点です!(笑)気持ちよく演技できたと思います」と満足げ。羽生選手は今回の「楽しい表情で演技してほしい」という監督のリクエストに「難しかったですね(笑)」と話すも、「でもスケーターはプログラム次第で、楽しい表情や悲しい表情、力強い表情などを出さないといけないので、そういう意味では(今回のリクエストは)フィギュアスケートらしいかな」と笑顔を見せた。

 また、CMタイトルにちなんで「いま一番ときめくものは?」と聞かれた浅田選手は「料理ですね。この前はカレーを作ったんです。そのおいしさにときめきました!」と明かした。一方、羽生選手は「昔から憧れていたプルシェンコさんと一緒に試合会場で練習する事が出来たんです。それが、僕のフィギュアスケート人生の中で一番ときめいた瞬間でした!」と語った。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top