竹野内豊が窪田正孝&野村周平をオトナの世界へ導く!? 「uno」新CM

2016年10月6日 / 15:18

「肌ウーノ ホットジェルクレンズ」篇から

 竹野内豊、窪田正孝、野村周平が出演する、エフティ資生堂の男性用化粧品ブランド「unо(ウーノ)」の新CMが10月7日から全国で放送される。

 前回、イケメン3人が出演していることから、世の女性を中心に話題となったウーノ。新しいCMでは、舞台が空港の入国審査場からセキュリティーチェックへと移され、“肌”の検査官である竹野内が窪田と野村のスキンチェックを行う。

 「肌ウーノ クリームパーフェクション」篇(10月7日から放送)では、空港のセキュリティーゲートを通ろうとした窪田だったが、ゲートで「NOT OTONA」のランプが光り、警報音が鳴ってしまう。そこで検査官の竹野内が「肌チェッカー」を窪田の顔に当てると額部分は「ベタツキ」、口元部分は「カサツキ」、さらに胸部分では「だから弱気」と診断されてしまう。

 肌のコンディションが整っていないことが、自信がない状態につながっていると見抜いた竹野内。そんな竹野内から「クリームパーフェクション」を手渡された窪田は、さっそくそれを肌に塗り、再度セキュリティーゲートを通ると「OTONA」ランプが光る…、という内容だ。

 一方、「肌ウーノ ホットジェルクレンズ」篇(10月28日から放送)では、同じくセキュリティーゲートで「NOT OTONA」というランプが光ってしまった野村に、竹野内が肌チェッカーで診断。鼻部分では「毛穴に」、頬部分では「アブラ」、胸の部分にあてると「だからイライラ」と診断されてしまう。そんな野村に竹野内が「はい、あっためてー」と「ホットジェルクレンズ」を差し出し、それで洗顔を行った野村が再度セキュリティーゲートを通ると「OTONA」ランプが光り、次の世界へと進んでいく…というストーリーだ。

 今回は2度目の撮影ということもあり、3人はリラックスした雰囲気で、それぞれが終始笑顔で語り合う雰囲気の中、撮影が進んだという。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top