春風亭昇太、眼鏡を外すと気づかれず 嫁探しは一時中断?「ネタがなくなる」

2016年10月4日 / 15:05

文化界部門で受賞した春風亭昇太

 「第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」表彰式が3日、東京都内で行われ、受賞者の河野太郎衆議院議員、春風亭昇太、広末涼子、及川光博、西内まりや、河北麻友子が出席した。

 中学2年生の時から眼鏡を掛けているという昇太は文化界部門で受賞した。「落語家も楽屋で多くの人が眼鏡を掛けていますが、そのほとんどが老眼です」と笑わせつつ、「落語は目線を大事にするので、本来落語家は眼鏡を掛けてはいけないことになっています。しかし素材が昔と変わって、目線をあまり邪魔しなくなった。眼鏡の技術革新のおかげで眼鏡を掛けても落語ができる時代になりました」と語った。

 普段から眼鏡を掛けている姿が印象的なため「眼鏡を外すと誰だか分からない。過去2回、大河ドラマに呼んでもらったけど、眼鏡を外して出ているので、気づかなかった人が多いみたい」とぼやいたが、それを逆手に取って「地方に行って恥ずかしい雑誌を買う時は眼鏡を外して買っています。ばれないです」と笑わせた。

 また“お眼鏡にかなう”お相手の存在を問われると「今のところなし。寂しいけどそのうちなんとかなるんじゃないかな」と軽く流し、「いまさらお嫁さんをもらったら僕のネタがなくなってしまうような。人間、満ち足り過ぎても良くないから何か一つ欠けた方がいいかなとも思っています」と言い訳をした。

 好みの女性のタイプには「和風な方」を挙げ、「着物が似合って眼鏡を掛けている人がいいです。女性は眼鏡を掛けていると3割増できれいに見える」と熱弁し、「芸能界ではなく会社で働いている人がいい。お金は持っていますよ。それぐらいしか口説き文句がないんです」とさり気なくアピールした。

(左から)西内まりや、春風亭昇太、広末涼子、河野太郎衆議院議員、及川光博、河北麻友子

(左から)西内まりや、春風亭昇太、広末涼子、河野太郎衆議院議員、及川光博、河北麻友子


芸能ニュースNEWS

R-1優勝のゆりやん「みんなに感謝しかない」 次の目標は「アメリカに行って芸人になりたい」

ニュース2021年3月8日

 “ひとり芸”ナンバーワン決定戦「R-1グランプリ2021」の優勝者リモート会見が7日に行われ、王者となったゆりやんレトリィバァが登場した。  19回目となる今大会には、2746人がエントリー。決勝戦では出場者10人が熱戦を繰り広げ、高得点 … 続きを読む

「天国と地獄」日高と彩子が再び歩道橋から転落 「この物語に悪人はいないのかも」

ドラマ2021年3月8日

 綾瀬はるか主演のドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)の第8話が、7日に放送された。  本作は、刑事の望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わり、運命が交錯する物語(※以降、<>内は入れ替わっ … 続きを読む

「その女、ジルバ」“くじらママ”草笛光子に絶賛の声 「ドラマというより舞台を見ているようだった」

ドラマ2021年3月8日

 池脇千鶴主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の第9話が、6日に放送された。   ミレ(江口のりこ)の結婚パーティーの夜、突然倒れてしまった「くじらママ」こと、きら子(草笛光子)は、検査の結果、ただの飲み過ぎだと判明し … 続きを読む

菅田琳寧、上田竜也から「堂々とやれ」 菅田「その言葉を信じて堂々とやろうと思います」

舞台・ミュージカル2021年3月5日

 舞台「陽だまりの樹」開幕直前取材が5日、東京都内で行われ、出演者の菅田琳寧(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、早乙女友貴、ダンカンほかが登壇した。  本作は、手塚治虫の同名漫画を舞台化。時代の転換期だった幕末を舞台に、ちゃらんぽらんだが … 続きを読む

「にじいろカルテ」第7話は「夫婦愛に泣けた」 認知症の“雪乃”安達祐実が2度目の結婚式

ドラマ2021年3月5日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の第7話が、4日に放送された。  本作は、山奥にある「虹ノ村診療所」を舞台に、ポンコツ内科医の真空(高畑)と、癖の強い外科医の朔(井浦新)、看護師の太陽(北村匠海)の姿を描く医療ド … 続きを読む

amazon

page top