広末涼子、メガネベストドレッサー賞受賞に「家族も驚いた」 小学生から愛用し、眼鏡の進化に興味津々

2016年10月4日 / 15:15

「芸能界部門 女性」で受賞した広末涼子

 「第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞」表彰式が3日、東京都内で行われ、受賞者の河野太郎衆議院議員、春風亭昇太、広末涼子、及川光博、西内まりや、河北麻友子が出席した。

 「芸能界部門 女性」で受賞した広末は「私はお仕事であまり眼鏡を掛けることがないので、今朝家族に話したら『どうして眼鏡の賞をもらったの?』と、身内でも驚いたぐらい」と苦笑交じりに語りつつ、小学生のころから眼鏡に慣れ親しんできたというエピソードを明かしながら「私は眼鏡が大好きです」と宣言して会場を盛り上げた。

 この日は副賞としてさまざまな眼鏡フレームを贈られ、一つずつ掛けて披露すると「今は目が悪い人も視力のいい人もおしゃれとして掛けることが多いし、軽かったり薄かったり、くねくね曲がったり、眼鏡の業界の進化に驚かされ、わくわくさせられました」と語った。「女優として、役だったり私生活で眼鏡を楽しんで掛けたいと思います」と喜んだ。

 「サングラス部門」で受賞した西内は「13歳からファッションのお仕事をしているので、玄関にサングラスを並べて家を出る前に選ぶのが楽しみだった」と自身にとって欠かせないものだといい、眼鏡やサングラスは「女性も男性も掛けている方の印象がとても知的で、ちょっと色気を感じるようなアイテムだと思う。これからもSNSなどファッションを発信するようなところでも掛けていきたい」とアピールを誓った。

 また「今後眼鏡を掛けて活躍してほしい人」と期待されての「特別賞」を受賞した河北は、プライベートではずっと眼鏡を愛用しており、「眼鏡が似合うと言われるのがうれしいので、今後もたくさん掛けていきたい」と語った。“眼鏡男子”についても「眼鏡を外した時のギャップにドキッとしたり、すごくいいと思います。女性も男性も眼鏡が似合う人っていいですよね」と大きくうなずいていた。

(左から)西内まりや、春風亭昇太、広末涼子、河野太郎衆議院議員、及川光博、河北麻友子

(左から)西内まりや、春風亭昇太、広末涼子、河野太郎衆議院議員、及川光博、河北麻友子


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top