山本耕史マルシアと淫靡なキス!? 「いろんなところに口紅がついたのを忘れて帰らないようにしないと」

2016年9月5日 / 19:26

舞台への責任を語った山本耕史

 舞台「マハゴニー市の興亡」の公開稽古&囲み取材が5日、神奈川県横浜市で行われ、出演者の山本耕史、マルシア、中尾ミエ、上條恒彦、古谷一行ほかが登場した。

 本作は、欲望だけが支配する街マハゴニーの隆盛と衰退を描く。舞台上に観客参加型の「市民席」が用意されるなど特殊な演出プランが用意されている。

 主演の山本は「ありきたりですが、ここまでくるのが短かったような長かったようなという感じです。劇で伝えたいメッセージ性が一つにまとまっているのか、はたまた個々の存在を主張し、別々の方向を向いているのかが今でも分からない。だけど、その分からないという感覚こそ一つの都市のあり方だと思います」とコメントした。

 一方、マルシアは「稽古はバタバタで忙しかったです。明日はマハゴニー市民席が舞台上にあるのでジェニーとしていじりまくりたいと思います。なんちゃって」と笑顔で答えた。

 稽古に長時間を費やしたという山本は「僕自身はあまり大変だと思ったり長いなあと感じたりすることはなくて、やはり練習は何度もすることで自分の血肉になりますし、少しずつでも積み上げられているのがうれしかったです。一番怖いのは経験を積めずに舞台に上がることですから」と話した。

 また、特に難しかったことを聞かれた山本は「やはり歌ですね。普通の人には歌えないだろうと思います。人前で練習したり、家に帰って練習するのは苦手なんですが、今回は車内で歌ってしまっていました」と明かした。

 マルシアとのキスシーンに話が及ぶと山本は「淫靡(いんび)の中にも美学のあるキスシーンですし、言ってしまえばエログロみたいな感じです。マルシアさんは役柄上とても口紅が濃いですから、いろんなところにくっついたのを忘れて帰らないようにしないと」と冗談を交えながら語った。

 誰に見に来てほしいかと質問されると「いろんな人に見に来てほしいですよ。そしてもちろん奥さん(堀北真希)にも」語り、照れ笑いを浮かべた。

 舞台は6日~22日、神奈川県、KAAT神奈川芸術劇場<ホール>で上演。

(左から)古谷一行、上條恒彦、中尾ミエ、山本耕史、マルシア、演出の白井晃

(左から)古谷一行、上條恒彦、中尾ミエ、山本耕史、マルシア、演出の白井晃


芸能ニュースNEWS

「恋はDeepに」綾野剛が石原さとみに“不意打ちキス” 「キス後に爆裂にテンパるところが推せる」

ドラマ2021年5月6日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第4話が、5日に放送された。  本作は、海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  海音の話を聞き … 続きを読む

「着飾る恋」横浜流星の“手つなぎ告白”に反響 「ナチュラルな告白がどストライク」

ドラマ2021年5月5日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第3話が、4日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ているヒロイン・真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分ら … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」“かごめ”市川実日子に共感の声 “とわ子”松たか子との「関係性がすてき」

ドラマ2021年5月5日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、4日に放送された。  とわ子(松)の30年来の親友・かごめ(市川実日子)が、とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条(浜田信也)から食事 … 続きを読む

「イチケイのカラス」バレリーナ役の生田絵梨花に賞賛の声 “石倉”新田真剣佑の「職務を全うする姿が格好いい」

ドラマ2021年5月4日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第5話が、3日に放送された。  入間(竹野内)の下に、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人はバレエ団の代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はバレエ団の元トレ … 続きを読む

「ドラゴン桜」“桜木”阿部寛の「新しい勉強法が楽しみ」 “楓”平手友梨奈の試合シーンが「イケメン過ぎる」

ドラマ2021年5月3日

 阿部寛が主演するドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の第2話が、2日に放送された。  本作は、低偏差値の私立龍山高校にやって来た伝説の弁護士・桜木建二(阿部)が、生徒たちを東大に合格させるべく奮闘する姿を描いたドラマ「ドラゴン桜」の続編。   … 続きを読む

amazon

page top