佐々木蔵之介、同性愛者役に挑戦 「北村有起哉がいとおしく見えてきた」

2016年6月14日 / 15:19

佐々木蔵之介(左)と北村有起哉

 舞台「BENT(ベント)」のトークセッション風稽古場合同取材会が14日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、北村有起哉ほかが出席した。

 本作は、第2次世界大戦下のドイツを舞台に、セクシャルマイノリティーの人々が受けた想像を絶する弾圧と、その中で育まれる究極の愛を描いた問題作。佐々木と北村は同性愛者を演じる。

 「ショーシャンクの空に」、「マクベス」などハードな舞台が続く佐々木は「次はライトコメディーをやりたかった」と苦笑い。オファーを受けた当初も、作品の大きさに「台本を置いた。僕には無理だと思った」というが、それでももう1回読み直したところ「ひょっとしたら(自分にもできる)可能性があるのかな…」と思い直し、承諾したという。

 一方、本作を知っていたという北村も「ゲイの役。ついに来たかとため息をついた。やるからには相当な覚悟が必要だった」と告白。最初の本読みで泣いてしまったと明かしつつ、「役が『泣く』とは書いていない。それをグッとこらえて泣かないように頑張らないと。少しでも客観的になると泣いてしまう。それが本当に怖い」と作品の持つ力を語った。

 稽古は始まったばかりだが、佐々木は「北村さんは、稽古場で裸足に雪駄を履いている。その足を触っている姿、それすらいとおしく見えてきた。愛せるような気になってきた」とすっかり役にのめりこんでいる様子。

 これまで北村とは何度も共演経験があるものの、こんな気持ちになったことは「全くなかった」と言い、今回はキスシーンもあることから「稽古場に、エチケットのため、歯ブラシとか口をすすぐの(口内洗浄液)を置いている。相手が女優さんの時よりも気を使うかも」と照れながら明かした。

 北村も「いわゆる“エアーセックス”のシーンがある。家に帰ると、恥ずかしくてとても声を出して台本は読めない。でも、稽古場に来ると全然恥ずかしくない。不思議ですね。少しでも照れが入ったら駄目。本作の見どころの一つ。嫌らしい意味じゃなくて。お客さんもドキドキすると思う」とアピールした。

 舞台は7月9日~24日、都内、世田谷パブリックシアターを皮切りに、仙台、京都、広島、福岡、大阪で上演予定。


芸能ニュースNEWS

A.B.C-Z戸塚祥太「通販で木刀を買いました」 冨岡健翔「ジャニーズJr.22歳定年制」に言及

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 舞台「未来記の番人」制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が登場した。  本作は、聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で、千里眼の異能を持つ主人公・千里 … 続きを読む

岡田将生、志尊淳に熱い思いをぶつける 「これがなかったら抱きしめている」

映画2021年1月22日

 映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、志尊淳、平手友梨奈と森ガキ侑大監督が登壇した。  本作は、霊がはらえる男(岡田)と霊が見える男(志尊)が、除霊という特殊能力を使い、怪奇事件に挑む … 続きを読む

「にじいろカルテ」高畑充希の涙に「もらい泣きした」 「ハートフルで力をもらえるドラマ」

ドラマ2021年1月22日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の初回拡大スペシャルが、21日に放送された。  本作は、山奥の診療所を舞台に、全然スーパードクターじゃないポンコツ医師や看護師の姿を描く、笑って泣けるチーム医療ドラマ。  ポンコツ … 続きを読む

「知ってるワイフ」大倉忠義&広瀬アリス ラブラブシーンは「永遠に見ていられる」

ドラマ2021年1月22日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第3話が、21日に放送された。  剣崎元春(大倉)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)の名前を呼んで、思わず抱きとめた。澪は元春に名前を呼ばれたことで、どこか懐かしい … 続きを読む

長澤まさみと仲野太賀が役所広司にインタビュー 『すばらしき世界』プレミアイベント

映画2021年1月22日

 映画『すばらしき世界』プレミアイベントが21日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、仲野太賀、長澤まさみと西川美和監督が登壇した。  本作は、直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説『身分帳』を原案に映画化。  下町の片隅で暮らす、短気 … 続きを読む

page top