超新星ユナク、江守徹を前に緊張 江守「自分が女性だったらいいなと思う」

2016年5月13日 / 18:17

ユナク(左)と江守徹

 映画『マクベス』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、ゲストとして俳優の江守徹と日本版テーマソングを担当した超新星のユナクが登壇した。

 本作は、シェークスピアの代表作を映画化。「マクベス」をはじめ、シェークスピアの4大悲劇の舞台に全て出演経験のある江守は「過去にシェークスピアを基にした映画を随分見てきましたが、(本作は)その中で一番いいものだと思います」と絶賛。「特に夫婦役を演じたマイケル・ファスベンダーとマリオン・コティヤールの演技が素晴らしかった。現在に(この夫婦が)存在するんじゃないかと思わせるリアリティーがあった」と語った。

 ユナクはイベント中盤に登壇した。今回のレコーディングについて「普段は1回で終わるのですが、この曲に関しては“もう1回お願いします”と言って(最終的に)3回しました」と明かし、「アーティストとして“満足”という言葉は使いませんが、いい曲に仕上がったと思います」と胸を張った。

 この日が初対面となった2人。江守の印象を尋ねられたユナクは「光栄です。僕は十年前に名古屋に留学していたのですが、7年間住んでいて(江守のことを)聞いたことも(テレビなどで)見たこともあったので、今も緊張しています。初めてあいさつをした時に、すごいオーラと存在感がありました」とドギマギした様子でコメントした。

 一方、江守がユナクについて「実に爽やかで、自分が女性だったらいいなと思ってます」と語ると、会場は笑いと拍手に包まれた。

 また、俳優としても活動するユナクが“大先輩”の江守に演技に関するアドバイスを求める一幕も。これに江守が「演技というのは、自分を観客の皆さんにさらけ出すということ。心を正直に思うままに演じることが一番大事だと思います」と答えると、ユナクも「分かりました」と納得していた。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top