小島瑠璃子「憧れは榊原郁恵さん」 「アッコさんはジャンルが違うので…」

2016年2月2日 / 17:01

背番号55を披露した小島瑠璃子

 米国のベースボールブランド「EASTON(イーストン)」日本上陸記者会見が2日、東京都内で行われ、スペシャルゲストとしてタレントの小島瑠璃子、東北楽天ゴールデンイーグルス前監督のデーブ大久保氏が出席した。

 この日、小島は松井秀喜氏の背番号55番をあしらったユニフォーム姿で登場。「デーブさんに“やり過ぎだ”と言われちゃったんですが…」と苦笑いしながらも、「私もこれでパワーヒッターのように力強く飛躍したい」と笑顔で宣言した。

 「芸能界でどんなポジションを狙って行きたい?」という質問には、「榊原郁恵さん」と事務所の先輩の名を挙げ「郁恵さんはご結婚されて、子どもが生まれて、それでも長く変わらずバラエティーやそのほかの番組に出続けていらっしゃる」とその理由を説明。「『郁恵さんを目指します!』とはあまりに恐れ多くて言えないですが、憧れは郁恵さんです」と明言した。

 そのために必要なものを尋ねられた小島は「私、最近ちょっと、貪欲に考え過ぎている気がしていて…。郁恵さんはそういった感じでなく、本当に番組を楽しんで…という感じなので。一度、欲とかそういうものを全部削ぎ落としたほうがいいのかなと思って。1回リセットしてデビューした時の気持ちに戻りたい。滝行にでも行きたいですね」と語り、笑いを誘った。

 また「(憧れは)和田アキ子さんではないの?」という質問には「アッコさんですか? 憧れていない訳ではないけど歌手ですから。ちょっとジャンルが違うので。でも尊敬しています」と答えた小島。「郁恵さんも歌っていたよ」という指摘が入ると「…そうですよね!(ますは)バラエティーに出ている郁恵さんを目指したいと思います」とかわして苦笑いを浮かべた。

 会場では「EASTON」の日本上陸を記念して、小島による始球式も実施。“ほぼノーバウンド”で投球した小島は「75点ぐらいですかね」と自己採点。大久保氏から「いや100点です。十分です」と太鼓判をもらった。

始球式にチャレンジした小島瑠璃子

始球式にチャレンジした小島瑠璃子


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top