小栗旬「サブローの長い旅がようやく終わった」 藤ヶ谷太輔「旬くんに全て教えていただいた」

2016年1月23日 / 14:32

(左から)山田孝之、柴咲コウ、小栗旬、向井理

 映画『信長協奏曲』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、高嶋政宏、山田孝之と松山博昭監督が出席した。

 本作は、2014年に“月9”史上初の時代劇として放送された「信長協奏曲」の劇場版。

 現代からタイムスリップし、織田信長として戦国時代を生き抜く主人公サブローを演じた小栗は「初日を迎えられてうれしいです」と笑顔であいさつ。おとといから映画のPRのため、数々のテレビ番組をはしごするなど多忙を極めたが、「嫌だって言わなきゃこんなにたくさんやらされるんだと思いました」とこぼし、笑いを誘った。

 小栗は、完成作を見た感想を「面白かったしホッとした。2年近く、今日を迎えるまでみんなで過ごしてきたので、ああ、サブローの長い旅がようやく終わったんだなと実感しました」と語り、信長の妻・帰蝶を演じた柴咲も「ようやく映画としてこの作品を届けられてホッとしています。1人でも多くの方に見ていただけたら」と呼び掛けた。

 また、大変だったシーンとして「合戦の場面」を挙げた小栗は「馬で駆け抜けるところは(池田恒興役の)理くんと『本当に行きたくないね…』と言いながら撮影がスタートした。あそこのシーンは本当に怖かった」と振り返った。

 向井も、同シーンで「馬から落ちるという“経験したくないこと”も経験しました」と明かし、さらに「これまで僕は落馬を2回経験しているけど、2回ともこの作品なんです」と語り、苦笑いを浮かべた。

 それでも、その落馬シーンがOKカットとして採用された向井は「映像として残していただいたので、落ちがいがありました」と笑わせつつ「馬は生き物ですからびっくりしちゃって…。まぁでも結果的に楽しかったです」と話し、小栗も「大きなけががなくて良かった」とねぎらった。

 また、前田利家役の藤ヶ谷は「旬くんに、乗馬、殺陣、所作も全て教えていただいた」と小栗に感謝。その印象については「すごくかっこよくて優しい。2人でいる時はめっちゃ優しいんですけど、皆さんいるとちょっと冷たい感じ。ドラマの途中から小栗旬さんってそういう人なんだと気付きました」と明かし、笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top