三宅裕司「戻りたい過去は言えません」 小倉久寛には「最高の人生」と断言

2015年11月6日 / 19:40

三宅裕司(左)と小倉久寛

 劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第53回本公演「虹を渡る男たち」の公開舞台稽古が6日、東京都内で行われ、主演の三宅裕司と小倉久寛が取材に応じた。

 本作は、ヒットメーカーとして芸能界のトップを走っていたライバル同士の男が、あることをきっかけに落ちぶれるところから物語がスタート。2人はその原因を探るべくタイムトラベルをして、芸能界のトップに返り咲こうと奮闘する。

 三宅は「ダンス、歌、ギャグも満載のミュージカルアクションコメディー。見終わった後に“よし、明日も仕事を頑張ろう”と思えるような舞台になっている」と自信をにじませ「とにかく損はさせませんので見に来てください」と笑顔で呼び掛けた。

 また、舞台の内容にちなんで、タイムマシンで戻りたい過去を聞かれた三宅は「それはたくさんありますよ」としながらも「いや、これは言えませんね」と笑いながらもコメントは拒否。

 それでも「もし司会とかをやらずに喜劇作りだけをやっていたらどうなっていたのかな?と考えることはある。とっくに消えてるかもしれないし、もっとすごいものを生み出していたかも。分からないけどね…」とつぶやいた。

 一方「ひょんなことから芸能界に入ってしまった」という小倉は、「芸能界に入らなかったらどうなっていたかなと思うことはある」と語った。

 過去には「楽器屋でオルガン販売を行ったり、アルバイトでガスの配管の図面を書いたこともあった」といい、「ともに成績もよく『社員になれ』ってよく言われた」という。

 しかし「あっちに行けば良かったとは思いません」と語る小倉に、三宅も「小倉は自分の持ち味を最大限に生かせる場所に来た。普通の会社じゃ、宴会係がいいとこ。(今は)最高の人生だよ」と断言。小倉も笑いながら「三宅さんにこうやって(出会って)イジられて良かった」と感謝を口にした。

 舞台は7日~23日、都内、サンシャイン劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top