三宅裕司「戻りたい過去は言えません」 小倉久寛には「最高の人生」と断言

2015年11月6日 / 19:40

三宅裕司(左)と小倉久寛

 劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第53回本公演「虹を渡る男たち」の公開舞台稽古が6日、東京都内で行われ、主演の三宅裕司と小倉久寛が取材に応じた。

 本作は、ヒットメーカーとして芸能界のトップを走っていたライバル同士の男が、あることをきっかけに落ちぶれるところから物語がスタート。2人はその原因を探るべくタイムトラベルをして、芸能界のトップに返り咲こうと奮闘する。

 三宅は「ダンス、歌、ギャグも満載のミュージカルアクションコメディー。見終わった後に“よし、明日も仕事を頑張ろう”と思えるような舞台になっている」と自信をにじませ「とにかく損はさせませんので見に来てください」と笑顔で呼び掛けた。

 また、舞台の内容にちなんで、タイムマシンで戻りたい過去を聞かれた三宅は「それはたくさんありますよ」としながらも「いや、これは言えませんね」と笑いながらもコメントは拒否。

 それでも「もし司会とかをやらずに喜劇作りだけをやっていたらどうなっていたのかな?と考えることはある。とっくに消えてるかもしれないし、もっとすごいものを生み出していたかも。分からないけどね…」とつぶやいた。

 一方「ひょんなことから芸能界に入ってしまった」という小倉は、「芸能界に入らなかったらどうなっていたかなと思うことはある」と語った。

 過去には「楽器屋でオルガン販売を行ったり、アルバイトでガスの配管の図面を書いたこともあった」といい、「ともに成績もよく『社員になれ』ってよく言われた」という。

 しかし「あっちに行けば良かったとは思いません」と語る小倉に、三宅も「小倉は自分の持ち味を最大限に生かせる場所に来た。普通の会社じゃ、宴会係がいいとこ。(今は)最高の人生だよ」と断言。小倉も笑いながら「三宅さんにこうやって(出会って)イジられて良かった」と感謝を口にした。

 舞台は7日~23日、都内、サンシャイン劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top