三宅裕司「戻りたい過去は言えません」 小倉久寛には「最高の人生」と断言

2015年11月6日 / 19:40

三宅裕司(左)と小倉久寛

 劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第53回本公演「虹を渡る男たち」の公開舞台稽古が6日、東京都内で行われ、主演の三宅裕司と小倉久寛が取材に応じた。

 本作は、ヒットメーカーとして芸能界のトップを走っていたライバル同士の男が、あることをきっかけに落ちぶれるところから物語がスタート。2人はその原因を探るべくタイムトラベルをして、芸能界のトップに返り咲こうと奮闘する。

 三宅は「ダンス、歌、ギャグも満載のミュージカルアクションコメディー。見終わった後に“よし、明日も仕事を頑張ろう”と思えるような舞台になっている」と自信をにじませ「とにかく損はさせませんので見に来てください」と笑顔で呼び掛けた。

 また、舞台の内容にちなんで、タイムマシンで戻りたい過去を聞かれた三宅は「それはたくさんありますよ」としながらも「いや、これは言えませんね」と笑いながらもコメントは拒否。

 それでも「もし司会とかをやらずに喜劇作りだけをやっていたらどうなっていたのかな?と考えることはある。とっくに消えてるかもしれないし、もっとすごいものを生み出していたかも。分からないけどね…」とつぶやいた。

 一方「ひょんなことから芸能界に入ってしまった」という小倉は、「芸能界に入らなかったらどうなっていたかなと思うことはある」と語った。

 過去には「楽器屋でオルガン販売を行ったり、アルバイトでガスの配管の図面を書いたこともあった」といい、「ともに成績もよく『社員になれ』ってよく言われた」という。

 しかし「あっちに行けば良かったとは思いません」と語る小倉に、三宅も「小倉は自分の持ち味を最大限に生かせる場所に来た。普通の会社じゃ、宴会係がいいとこ。(今は)最高の人生だよ」と断言。小倉も笑いながら「三宅さんにこうやって(出会って)イジられて良かった」と感謝を口にした。

 舞台は7日~23日、都内、サンシャイン劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top