ユースケ・サンタマリア“惨めな役”に自信 「真骨頂でまさに集大成」

2015年9月4日 / 19:07

(左から)行定勲氏、神野三鈴、三上博史、倉科カナ、ユースケ・サンタマリア

 舞台「タンゴ・冬の終わりに」の会見および公開舞台稽古が4日、東京都内のパルコ劇場で行われ、出演者の三上博史、倉科カナ、神野三鈴、ユースケ・サンタマリアと演出の行定勲氏が出席した。

 本作は、突然引退を宣言し、生家の古びた映画館に隠せいする俳優の盛(三上)が、徐々に精神を壊していく様子を描く。かつて平幹二朗が同役を演じた舞台を見たという三上は「あまりにも平さんが素晴らしく、いつかこの役をやりたいと思って30年が経ちました。うろ覚えでしたが、あらためて台本を頂いて読んだら失敗したと思ったぐらい大変。へろへろになって命懸けでやっています」と語った。

 役作りについて問われた三上は「何から何まで大変。とにかくしゃべりまくっていますし、一言一言が全て俳優としての言葉なので妙に自分と重なってしまって客観的に発せられない。苦しくもあり喜びでもあるので、大事に語らせていただいています」と明かした。

 一方、若い女優の水尾役の倉科と夫婦役を演じるユースケは「売れない役者の役で、惨めったらしい役ですが、りんとした惨めさがある。染まりたいと思います」と語り、「水尾を愛して結婚したけど、結局水尾の心の中に自分はいない。まさに僕が今まで男として歩いてきた人生。いろいろ惨めったらしい役をやってきて真骨頂と思ってきたけど、まさに集大成です」と自信をのぞかせ、笑わせた。

 また、会見後に竹野内豊と交際中の倉科へ「交際は順調ですか?」などと報道陣から質問が飛んだが、倉科はカメラの方へ振り向くこともなく無言のまま降壇した。

 舞台は5日~27日に都内、パルコ劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top