長谷川博己、人生を変えた出合いを語る 「トラウマになるぐらい怖かった」

2015年6月24日 / 21:49

(左から)園子温監督、長谷川博己、麻生久美子、西田敏行

 映画『ラブ&ピース』のジャパンプレミアが24日、東京都内で行われ、出演者の長谷川博己、麻生久美子、西田敏行、園子温監督が登壇した。
この映画は、園監督が“愛”をテーマに怪獣特撮映画の要素を取り入れて描いたオリジナル作品。
 主人公のうだつがあがらないサラリーマン・鈴木良一を演じた長谷川は、映画について「最初見たときは、ちょっと演技をやり過ぎちゃったかなって後悔があって…。でも、冷静になって見直すと最後にジーンとくるというか、無意識に訴えかける感動があった」と率直に語った。
 そんな“過剰演技”を心配する長谷川に対し園監督は「全然! 見ていただければ分かるけど、長谷川さんはこの作品で何枚もの殻を破った。普通5年ぐらいかかるところを1秒ぐらいでやった。とにかくすさまじい」と絶賛。
 良一が恋する同僚を演じた麻生も「長谷川さんは何でもできる。演技の振り幅もすごいし、(劇中の)ギターや歌も、以前にバンドを組んでたのかと思うほどすごかった」と感心しきり。長谷川とは飲み仲間という西田も「彼、(体形は)スラーッとして一見青白いけど、実は内側に熱いものを持っていて、しゃべっていても楽しい。馬が合うんだよね」とその人となりを褒めたたえた。
 作品の内容にちなんで、人生を変えた予期せぬ出合いについて尋ねられた長谷川は「スピルバーグ作品ですかね」と回答。「3歳の時に『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に連れて行ってもらって、それがトラウマになるぐらい怖かった。でもハマっちゃって。それがなかったら今この仕事はしてなかったと思う」と振り返った。
 映画は6月27日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top