夏菜&池松壮亮、舞台でキスシーンも 夏菜「年上の私がしっかりしなきゃ」

2013年9月13日 / 15:33

 (左から)池松壮亮、夏菜、吉田大八監督

 舞台「ぬるい毒」の公開舞台稽古が13日、東京都内で行われ、出演者の夏菜、池松壮亮、脚本・演出の吉田大八監督が取材に応じた。

 本作は、本谷有希子氏の同名小説を原作に、映画『桐島、部活やめるってよ』の吉田監督が舞台化。ある日突然電話をかけてきた謎の男・向伊(池松)に魅了され、落ちていくヒロイン熊田(夏菜)の数年間を描く。

 初日を迎えた心境を聞かれた夏菜は「思ったより緊張はしていない。(稽古が)楽しかったので(本番も)このままできたら」と笑顔を見せた。一方、池松は「思ったより緊張しています。頑張ります」と語り、笑いを誘った。

 今回「私のすべては23歳で決まる」という信念を持ったヒロインを演じる夏菜は「熊田は一筋縄ではいかない点が多過ぎるので、イノシシのようなタイプの私にはなかなか理解し難い。今でも悩んでいる」と役作りの苦悩を語った。

 対する池松は、役作りについて「自分でも何をしたのか分からない。髪をちょっとグレーにしたぐらい」と多くを語らなかったが、吉田監督は「これが彼の手」と明かし「(舞台上で)毎日変わるから本当に面白い。2人とも今日あたりにピークがきていると思う」と語った。

 劇中でキスシーンもあるという2人。お互いの印象を尋ねられた夏菜が「何でもできる。演技でもリードしてもらってばっかりで、私が年上なのに“もっとしっかりしなくちゃ”と思った」と語ると、池松は夏菜を見詰め「“この人はどこに向かうんだろう”というバイタリティーが感じられる。よく分からないところで笑うし、いまいち何を考えているか分からないところが面白い」と返した。

 舞台は13日~26日、都内・紀伊國屋ホールで上演。


芸能ニュースNEWS

「新宿野戦病院」「英語と岡山弁混ぜてしゃべっていい日本人は藤井風だけ」「俺を誰だと思ってるんだ、俺だぜ」

ドラマ2024年7月25日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第4話が、24日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「西園寺さんは家事をしない」 “西園寺”松本若菜と“楠見”松村北斗が“偽家族”の検証へ 「一瞬でキュンに持っていく松村北斗すごい」

ドラマ2024年7月24日

  松本若菜が主演するドラマ「西園寺さんは家事をしない」(TBS系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、徹底して家事をしない主人公・西園寺一妃(松本)と年下の訳ありシングルファーザー&その娘の風変わりな同居 … 続きを読む

「あの子の子ども」妊娠発覚後の“宝”細田佳央太の対応が「いい男過ぎる」 「『海のはじまり』の弥生の元カレとの差がすごい」

ドラマ2024年7月24日

 桜田ひよりが主演するドラマ「あの子の子ども」(カンテレ・フジテレビ系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった高校2年生カップル・川上福(桜田)と月島宝(細田佳 … 続きを読む

内田理央、美しき悪女役に危機感「ダイエットをしなくては…」 松井玲奈、役柄との共通点は「理央ちゃんをすごく好きなところ」

ドラマ2024年7月24日

 ドラマ「嗤う淑女」で主演を務める内田理央と共演の松井玲奈が取材に応じ、ドラマの見どころや役作りについて語った。  本作は、“どんでん返しの帝王”と呼ばれる作家・中山七里氏の人気シリーズ『嗤う淑女』を実写化。美貌と天才的な話術をもつ希代の悪 … 続きを読む

「マウンテンドクター」”江森”大森南朋の口止め疑惑の真相が明らかに 「どちらもあの子を助けるための優しさ」

ドラマ2024年7月23日

 杉野遥亮が主演するドラマ「マウンテンドクター」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師・宮本歩(杉野)が、さまざまな思いを抱えた患者や医療従事者たちと触れ合い … 続きを読む

Willfriends

page top