美輪明宏、盟友・黒柳徹子の印象を語る 「感情を理性でコントロールできる人」

2013年8月7日 / 17:59

 (左から)有働由美子アナウンサー、美輪明宏、黒柳徹子

 NHKの特集番組「真夏の夜の美輪明宏スペシャル(仮)」スタジオ取材会が7日、東京都内で行われ、出演者の美輪明宏、黒柳徹子、有働由美子アナウンサーが出席した。

 昨年の「NHK紅白歌合戦」で「ヨイトマケの唄」を歌い話題を集めた美輪。番組では、歌手・美輪明宏の魅力をたっぷりと伝える。またスタジオでは、美輪の人生を振り返りながら、50年来の盟友・黒柳とトークを繰り広げる。

 黒柳のエンターテイナーとしての印象を尋ねられた美輪は「私が常に理想としている人間は“感情を理性でコントロールできる人間”。黒柳さんはそういう方のお一人」とコメント。続けて「それでいながら、舞台においては、役者魂というのか…。日本人で初めてブルーのコンタクトレンズを着けてお芝居をされたりと、当時としては感情的になったらできないことを非常に冷静に“これが必要だからこれをやる”という思いで絶対にやり遂げる。そのバランスを尊敬しています」と語った。

 一方、黒柳は「歌舞伎以外で、現代劇で男の方が女装した芝居を初めて見たのが美輪さんの『双頭の鷲』。その時に、女を演じる男の人には女には出せない強さがあって、これはとってもかなわないと思った」と語った。

 番組はNHK総合で21日午後10時~11時13分に放送。


イベント情報 EVENT

J-POP・ROCK

「徹子の部屋」コンサート

黒柳徹子、綾戸智恵、加山雄三、チェリッシュ、松坂慶子、南こうせつ

大阪2013/12/9

page top