黒木メイサ、3年ぶりに舞台出演 共演者が「アクションをやらせたら日本一」

2013年7月26日 / 16:30

 3年ぶりの舞台出演となる黒木メイサ

 明治座8月公演の舞台「『源平盛衰記』異聞 巴御前 女武者伝説」の公開舞台稽古が26日、東京都内で行われ、出演者の黒木メイサ、的場浩司、堀井新太、大河元気、山崎銀之丞、愛原実花、西岡徳馬が取材に応じた。

 本作は、女性自衛官が平安時代にタイムスリップし、巴御前として戦乱の渦中に身を投じていく様子を描く。

 アクションシーンを三つ立て続けに演じた黒木に、稽古中から感嘆の声を上げた的場は「メイサとは8年前に舞台で一緒で、その時はまだ10代だった。それがこんなに立派な女性、素晴らしい女優になって」と絶賛。

 「多分アクションをやらせたら日本一。後ろで見ていてもメイサのアクションに見ほれます。しゃれにならない。本当」と褒めちぎった。

 西岡も「盟友つかこうへいの流れをくむ唯一の舞台なので楽しんでやりたい。メイサはすごいでしょ? メイサの体力、気力、的場の迫力に負けないよう老骨にむち打って頑張っています」と苦笑。「スタミナもあるよね。今まで共演した女優ではナンバーワン。キレが違う」と語り、大きくうなずいた。

 ベタ褒めされた黒木は「アクションの部分でだったり、お褒めの言葉を頂いたからには期待以上のものをやっていきたい」と意気込みを。これまでは年に1回、定期的に舞台を踏んでいたが、結婚や出産を経て、本作は3年ぶりの舞台出演。母親と役者の二足のわらじについては「やるしかないですからね。当たり前のことです。やるべきことをきちんとやって」と語った。

 「“守られる立場と守るべきもの”という、舞台にも通じる信念が、実生活からも生かされているか」との質問には「演じるに当たって、気持ち的にもすごく難しいですけど、信じると決めたものには信じてついていこうと思う」と答えた。

 夫の赤西仁は見に来るか問われると「タイミングが合えば来るんじゃないですか」と語り、赤西の子育てについては「それは皆さんがいないときに。稽古も始まりますので」とかわした。

 舞台は8月4日~25日に東京・明治座で上演。


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top