「よしもとふるさと劇団」がスタート 西川きよし「小さなことからコツコツと!」

2013年7月23日 / 16:12

 「よしもとふるさと劇団」プロジェクト発表会に出席した吉本の芸人たち

 「よしもとふるさと劇団」プロジェクト発表会が23日、東京都内で行われ、西川きよし、トータルテンボスの藤田憲右と大村朋宏、ロバートの山本博、秋山竜次、馬場裕之らが登場した。

 2年前から吉本が展開している「住みますプロジェクト」の第2幕としてこの日、発表された新プロジェクトは全国各地のオリジナリティーあふれる物語を舞台化し劇団で地域を元気にしようというもの。劇団の旗揚げなどに関しては、吉本芸人らが全面的にバックアップするという。

 プロジェクトの応援団長を務める西川は「お芝居は本当に難しいと思う。でも絶対成功させたい」と熱い意気込みを語った。自身の芸能生活50年を迎えたことについても触れ、「下積み時代にはやっさん(横山やすし)と番組の前説によく出た」と振り返りながら「なかなか開花しないところもあると思うけど、諦めたらアカン。諦めずに念じればいつか花咲く。『小さなことからコツコツと!』」と名フレーズで後輩たちにエールを送った。

 会見では、芸人たちが地域愛をテーマに地域にまつわる物語を披露。福岡の“北九州市観光大使”を務めるロバートは「北九州はパンチパーマ発祥の地」と力説し「劇団パンチパーマ。お客さんもパンチパーマじゃなきゃ入れない」という案をプレゼン。大阪の“住みます芸人”のspan!は「一寸法師物語です。一寸法師のスタートは、淀川の河口という伝承がある。大阪らしく道頓堀ぐらいから川を渡っていくコメディーにして、一寸法師を(池乃)めだか師匠にやってもらいたい」と提案。

 静岡の“御殿場市観光親善大使”を務めるトータルテンボスの大村は「しょっちゅう愛人をつくるおやじが、フィリピンの女性と5年前に再婚をしていた」とエピソードを明かした上で「フィリピンパブがめちゃめちゃ多い御殿場で繰り広げられるラブストーリー」を発表。相方の藤田から「身の上話は個人的にやれ」と突っ込まれていた。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top