渡部陽一が、ベレー帽を取った姿を披露 「こんなにも悲しく悲惨な状況はない」

2011年5月2日 / 17:59

 「復興への希望を撮り続けたい」と語った渡部陽一 (c)KYODONEWS

 戦場カメラマンの渡部陽一が2日、「渡部陽一写真展」を開催中の柏タカシマヤでトークショーを行った。

 今回は、約80点の写真が展示され、渡部にとっては最大規模の写真展となった。

 渡部は、「戦場カメラマンになって一番最初の夢が、写真展を開くことだったので、とてもうれしいです」と独特の口調で喜びを表した。

 そして、トレードマークのベレー帽を取って、「普段の僕はこんな感じです。いかがでしょうか~」と笑顔で語り掛けた。このサプライズ演出に会場からは歓声が上がった。

 また、東日本大地震の被災地への取材も積極的に行っている渡部は、「今まで、スマトラ、ジャワ島など、被災地の取材は何度もしましたが、こんなにも悲しく悲惨な状況はありませんでした。言葉を失いました」と語り、「今後も、被災地に足を運び、復興への希望を取材していきたいです」と予定を明かした。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top