小林薫、三吉彩花からのサプライズに感激 映画『旅立ちの島唄~十五の春~』

2013年5月8日 / 20:34

 (左から)吉田康弘監督、大竹しのぶ、三吉彩花、小林薫

 映画『旅立ちの島唄~十五の春~』東京プレミア試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の三吉彩花、大竹しのぶ、小林薫、吉田康弘監督が登壇した。

 本作は、高校の無い沖縄の離島、南大東島に暮らす15歳の少女が、進学により島を旅立つ姿を通して、離島の現実や家族の在り方を問いかける感動作。

 映画初主演となる三吉は、父親役が小林、母親役が大竹という大先輩に囲まれての演技について「最初は“大丈夫なんだろうか”とすごい緊張したけれど、お芝居の上でもお二人から学ぶことがたくさんあり、今回ご一緒させていただき本当にうれしかった」としみじみ。

 一方、父親役を演じた感想を聞かれた小林は「父親って寂しいなと思った」とポツリ。「劇中にもあるように、お母さんは久しぶりに娘に再会しても、着付けを手伝ったりメークを直したりとスキンシップができるけど、父親はそういう関わり方ができない。演じていても(娘とは)微妙な距離感があって、父親って損だな、男ってはかない存在だなとつくづく思った」と苦笑交じりに語った。

 この日は、母の日が近いこともあって、娘役の三吉が母親役の大竹に100本のカーネーションの花束をプレゼントするという一幕も。

 「お母さんは得ですね~」といたずらっぽく語る大竹に対し「父親がカーネーションを受け取るわけにもいかないので」としつつ、うらやましそうに見ていた小林。

 続けて三吉が「私はお父さんを悲しませるような娘ではありませんよ」とちゃめっ気たっぷりに、小林にも用意していた花束とグラスをサプライズでプレゼント。

 「泡盛がお好きと聞いたので。飲み過ぎには注意してね」と笑顔で手渡す三吉に、小林は「ありがとうございます。いろいろ気を遣わせてしまってすみません」と感動しきりの様子で会場の笑いを誘った。

 映画は、5月18日から、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top