ユーミン「観客に純愛という催眠術をかけたい」 「女ヒチコックをやらせたかった」と正隆氏

2012年8月16日 / 18:04

 (左から)陽月華、貫地谷しほり、松任谷由実、吉沢悠、松任谷正隆氏 (c)KYODONEWS

 純愛物語 meets YUMING「8月31日~夏休み最後の日~」の制作発表が16日、東京都内で行われ、松任谷由実、貫地谷しほり、吉沢悠、陽月華、松任谷正隆氏が登壇した。

 デビュー40周年を迎えたユーミンこと松任谷由実が帝国劇場とのコラボレーションに挑戦する。脚本と演出を担当した夫の正隆氏は「コンサートは30年ぐらい演出してきましたが、芝居はこれが初めて。立ち稽古がまだなので、はっきり言って自信はありません。コンサートでもなく芝居でもなく、そのどちらでもあるようなもの。頑張りますので期待してください」とあいさつ。

 舞台上、ストーリーテラーとして、各シーンにおいて最もふさわしい自身の楽曲を歌うユーミンは「私自身は、時の流れに勝ったと思っております。役者の方々の力を借りて、観客に純愛という名の催眠術をかけたいと思います」と自信たっぷり。

 ユーミンの演出について聞かれた正隆氏は「女ヒチコックをやらせたかった。見えない所にいて、途中で重要な歌とか歌うために出て来るというような…。看護師っていうシーンもありますよ。いろいろあるけど、それが一番のコスプレかな」と発言。すると、ユーミンが「うそ!?」と驚くと「あまり無理があったらやめときますけど」と正隆氏がコメントし会場を沸かせた。

 舞台は、10月7日~31日、東京・帝国劇場で公演。


イベント情報 EVENT

J-POP・ROCK

松任谷由実

松任谷由実

栃木2013/12/19新潟2014/2/6~

埼玉2014/2/25群馬2014/2/26

page top