U2、ザ・ポーグス「A Rainy Day in Soho」をカバーし故シェイン・マガウアンを追悼

2023年12月4日 / 14:45

 U2が、同じアイルランド人ミュージシャンの故シェイン・マガウアンを追悼した。現地時間2023年12月1日に米ラスベガスのスフィア・アット・ザ・ベネチアンで行われた公演で、U2はザ・ポーグスの「A Rainy Day in Soho」を感動的に演奏し、同バンドの亡きシンガーに敬意を表した。

 ボノは、バンドが厳粛なアコースティック・カバーを披露する中、会場のファンに、「一緒に歌って、シェイン・マガウアンのために」と語りかけた。マガウアンは入院を経て現地時間11月30日に65歳で亡くなった。

 このパフォーマンスでボノは、マガウアンの死を反映させるために歌詞を変えた。「マガウアンの歌は決して終わらないが、その意味を知ることはないかもしれない。君は僕の夢の尺度だ」と彼は歌った。

 ボノが「A Rainy Day in Soho」を披露するのはこれが初めてではない。63歳のシンガーは、2018年にアイルランドのダブリンで開催されたマガウアンの60歳の誕生日パーティーで、俳優のジョニー・デップと一緒に1986年の『Poguetry in Motion』に収録されているこの楽曲を演奏したことがある。このパーティーにはニック・ケイヴや故シネイド・オコナーといった伝説的なアーティストも参加した。

 先週ザ・ポーグスは、破滅的な生き様でも知られた型破りなシンガーの死を確認した。彼の切なく、ほえるようなヴォーカルと、気骨のある、コンクリートに咲いたバラのような歌詞は、伝統的なアイルランド音楽とパンク・ロックのスピリットを融合させた「The Old Main Drag」や「A Pair of Brown Eyes」のような愛される曲に代表されるバンドの音楽に命を吹き込んだ。

 U2は、マガウアンの訃報を受けて彼に敬意を表した多くのアーティストの内のひと組だった。ボノは、「シェイン・マガウアンの曲は完璧だった、彼や私たち彼のファンがそうである必要がないように……」と添え、手書きのマガウアンのイラストと「A Rainy Day in Soho」の歌詞をX(旧Twitter)に投稿した。


音楽ニュースMUSIC NEWS

七尾旅人×友部正人ジョイントライブ【汽水域の旅友】開催決定

J-POP2024年2月28日

 2024年3月23日に石巻市の青島テラスにて、七尾旅人と友部正人によるジョイントライブ【汽水域の旅友】が開催される。  石巻中心部から少し離れた北上川の河口に日本一と称されるヨシ原があり、その高台にある青島テラス。本公演は、古くからの友人 … 続きを読む

アリアナ・グランデ、『エターナル・サンシャイン』を引っさげたツアー開催は“未定”と明かす

洋楽2024年2月28日

 ニュー・アルバム『エターナル・サンシャイン』のリリースが間近に迫ったアリアナ・グランデだが、同アルバムを引っさげたツアーを行うか、彼女自身わからないようだ。  『ザック・サング・ショー』の2024年2月26日のエピソードで、3月8日発売予 … 続きを読む

ビル・フリゼール、1年半ぶりのニューAL『Orchestras』から「Throughout」を配信

洋楽2024年2月28日

 ビル・フリゼールが1年半ぶりとなるニュー・アルバム『Orchestras』を2024年4月19日にリリースすることが決定した。先行シングル第1弾として、「Throughout」の配信がスタートしている。  ブルーノートから4作目となる今回 … 続きを読む

エビ中、8thアルバム『indigo hour』をリリース ドリル、ジャージークラブ、J-R&B、ディスコチューンなどを取り込んだ意欲作

J-POP2024年2月28日

 私立恵比寿中学が2024年2月28日に“青春”をテーマとした8枚目アルバム『indigo hour』をリリースした。  このアルバムの骨子となる3部作の作詞を佐藤千亜妃が担当。青春時代特有の焦燥感を<青い眩暈>と呼んだ第一弾「BLUE D … 続きを読む

林正樹グループ、4/29にスペシャル・コンサート【Blur the border】開催決定

J-POP2024年2月28日

 林正樹グループが、【コンサートホールで聴く、最上のアコースティック・ミュージック・シリーズ Vol.1 林正樹グループ スペシャル・コンサート Blur the border】を4月29日に浜離宮朝日ホールで開催することが、決定した。   … 続きを読む

Willfriends

page top