【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

2019年5月20日 / 14:48

-共演者の皆さんのご印象を聞かせてください。

 美馬坂幸四郎役の(西岡)德馬さんとは映画『HiGH&LOW』で共演させてもらってお世話になりました。德馬さんはつかこうへいさんの舞台にも出演されていて、僕も「熱海殺人事件」に出演させてもらったことがあって、その話もしたことがあったんです。だから、德馬さんと一緒に舞台ができるのはすごく楽しみです。それに、京極堂と美馬坂とのやり取りはこの作品のメーンになると思うので、そこも今から楽しみです。関口巽役の高橋良輔さんは役とのイメージが近くて、ちょっと抜けている感じをうまく演じてくれそうです。榎木津礼二郎役の北園涼さんは身長が高いんです。初めてお会いした印象が「榎木津はでかい」でした(笑)。

-匣に取りつかれた人間たちが描かれる本作ですが、今、取りつかれるぐらいハマっていることはありますか。

 日本酒ですかね(笑)。3年ぐらい前に、うちの事務所が世界展開を始めるタイミングで、海外に行くことが増えて、そのときに自分がいかに日本のことを知らないのかと痛感したんです。それで、知り合いに日本酒バーへ連れて行ってもらい、日本酒について知っていくと、日本を知るための武器になるなという感覚があったんです。それで、ハマり始めたんです。それから、日本全国の蔵元さんを巡っていろんな方と仲良くなって、2019年には秋田の新政酒造の「亜麻猫」という銘柄とコラボさせてもらって、「亜麻猫橘」という日本酒を作らせてもらいました。

-最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

 決して明るくはない作品ですが、きっと観劇後は忘れることのできないようなインパクトが胸に残るような作品になると思います。もちろん芝居も楽しんでほしいですし、人間というものがどういうものなのかを考えるきっかけになる作品だとも思います。原作ファンの方ももちろんですし、ぜひ楽しみにして劇場に足を運んでいただけたらと思います。

(取材・文/櫻井宏充)

中禅寺秋彦役の橘ケンチ(C)舞台「魍魎の匣」

 舞台「魍魎の匣」は6月21日~30日、都内・天王洲 銀河劇場、7月4日~7日、神戸・AiiA 2.5 Theater Kobeで上演。
公式サイト https://www.nelke.co.jp/stage/mouryou/

 

  • 1
  • 2
 

page top