橘ケンチ「僕も二十歳ぐらいの気持ち」 共演者に名入りジャージー贈るも「全員だぼだぼ」

2017年8月17日 / 17:44

若手俳優に囲まれた橘ケンチ

 オリジナルストーリー舞台「幽劇」の公開稽古および囲み取材が17日、東京都内の日本青年館ホールで行われ、出演者の橘ケンチ、味方良介、多和田秀弥、高橋健介、伊万里有、田中涼星、有澤樟太郎、三浦宏規、井阪郁巳、和泉宗兵、荒木宏文が出席した。

 本作は、幽霊の常識をくつがえす、とびきり明るくワルなゴーストギャングたちが、あの世とこの世で大暴れするするとともに、それぞれの“後悔”をテーマにした死を超えたつながりを描く。

 人気若手俳優に囲まれ2年ぶりに舞台出演する橘は「勢いのある方々と共演できて楽しい時間を過ごさせてもらっています。本番でもこのパワーを届けていきたい」と意気込みを語った。

 演じる幽霊のように「姿が見えなくなったらやりたいこと」を問われると、橘は「初日公演の10分前ぐらいに路上に出て、その辺を歩いている人を劇場に向かわせたい」と優等生コメント。

 これを皮切りに作品を盛り上げるべくさまざまなアイデアが出され、荒木は「そう考えると普段から霊体になってもやりたいことってないのかも」と語った。

 また、橘がキャスト一人一人に名前の刺しゅう入りのジャージーをプレゼントしたというエピソードが明かされると、高橋が「(ケンチさんの)回りが筋肉の人たちだからか、身長で調べていただいて作ってくださったジャージが全員だぼだぼ」と苦笑。橘も「僕の想定より皆だいぶ細かった」と笑わせた。

 稽古期間中は年下の俳優たちに食事をごちそうしまくり、かわいがっていたという橘は「普段のグループ活動でも年下のメンバーと接することが多いけど、役者專門にやっている方って感覚も違う。皆芝居が大好きでピュアな方ばかりで、刺激を受けて僕も勝手に二十歳ぐらいの気持ちになっていました」と充実感を語った。

橘ケンチをはじめ、キャストが一堂に会した


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top