【2.5次元】久保田悠来「平成の役者活動の集大成になる」舞台「仮面ライダー斬月」 -鎧武外伝- インタビュー

2019年3月6日 / 10:00

-呉島貴虎という役についてはどんな思いがありますか。

 裏切られ、崖から落ちて、弟とけんかして、海に落ちて、しばらく昏睡状態で、それから目覚めてと、かわいそうな人でした(笑)。でも、貴虎という人物には人類を救いたいという気持ちがあって、それは一貫して変わってなかったなと思っていますね。ただ、地球の平和のために何を犠牲にするのかという点で、「鎧武」の主人公である葛葉紘汰は全てを救いたい、貴虎はある程度の犠牲はやむを得ないと考える大人な人間でしたね。

-切れ者なのに、いろいろな人に裏切られるというギャップがファンから愛される要因の一つでした(笑)。

 愛されて良かったです(笑)。その一つの要因となったのが、毛利さんがそういう面も書いてくださったことだと思います。毛利さんが脚本を担当された「烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武/ガイム 春休み合体スペシャル」で、貴虎として「みんな疲れてるのか…」とボケをかませたのも毛利さんのおかげです(笑)。僕もあのシーンが好きなんですよ。ああいう真面目ボケが一番楽しいじゃないですか(笑)。

-「鎧武」のライダーはいろいろなフルーツがモチーフとなっていて話題となりましたが、お好きなフルーツは何ですか。

 メロンは子供の頃から好きでしたね。今も回転ずしに行ってメロンがあれば必ず食べます。だから、斬月がメロンをモチーフにしていて、デザインも格好良かったのがうれしかったですね。ただ、最初は「メロン? そもそも仮面ライダーでフルーツって何?」とは思っていました(笑)。

-最後にファンの方へメッセージをお願いいたします。

 皆さまに愛していただけたおかげで、『鎧武』がまたこうして舞台に外伝として戻ってくることができました。今まで愛してくれた皆さまにも、初めて仮面ライダーを見る人にも楽しんでいただけるような作品を作り上げていこうと思います。舞台を見て、TVシリーズに戻って見ていただいて、それでまた舞台を思い出してと永遠のループに入ってほしいですね(笑)。その入り口になれたらと思いますので、ぜひご覧下さい。

(取材・文・写真/櫻井宏充)

舞台「仮面ライダー斬月」 -鎧武外伝-は、3月9日~3月24日に都内・日本青年館ホール、3月28日~3月31日に京都・京都劇場で上演。

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

  • 1
  • 2
 

Willfriends

amazon

page top