【2.5次元インタビュー】乃木坂46・若月佑美&三戸なつめ、舞台「鉄コン筋クリート」で挑戦する初めてのアクションに「難しいなって実感」

2018年11月1日 / 12:00

 乃木坂46の若月佑美と三戸なつめが、松本大洋の代表作『鉄コン筋クリート』の舞台化に挑む。本作は、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく街、宝町を舞台に、そこに暮らす少年、シロとクロが互いを補完し合いながら生き抜いていく物語。本作で、初めてアクションにも挑戦するクロ役の若月とシロ役の三戸に公演への意気込みを聞いた。

(左から)クロ役の若月佑美(乃木坂46)とシロ役の三戸なつめ

-松本大洋の名を世に知らしめたとも言われる大人気作が原作です。出演が決まったときのお気持ちからお聞かせください。

三戸 人生で一番うれしかったというぐらい、うれしかったです。早く演じたいと思いました。

-原作がお好きだったんですか。

三戸 はい、絵も世界観も大好きでした! 登場人物の中でも、無邪気なシロが特に好きだったので、自分が演じられることがすごくうれしかったです。

-若月さんはいかがですか。

若月 すごくうれしかったですし、光栄だなという思いでいっぱいだったのですが、同時に頑張らなきゃいけないなという気持ちにもなりました。かなりの人気作ですし、ファンの方もたくさんいる作品なので、プレッシャーというわけではないですが…とにかく頑張らなきゃと。

-この公演は、乃木坂46卒業前、最後の舞台公演でもありますよね。そういった意味でも気合いが入りますか。

若月 そうですね。今までももちろん、真っすぐに作品と向き合おうと思って舞台作品に臨んできましたし、演じているときは演出家が求めているものに応えたいと思っていました。アイドルだからできない演出があるというのは嫌だったので、一人の役者として真剣に演じてきたつもりです。でも、乃木坂46の若月佑美を応援してくださった方にとっては、「乃木坂46の若月として立つ最後の舞台」だと考えていただいていると思うので、そういう意味では、未来の自分の姿を見せられるように頑張りたいなと思います。

-お二人は、本作が初共演ですね。初めて会ったときのお互いの印象は?

三戸 思ったよりきゃしゃだなと思いました。小さいなって。これ、小さい人あるあるなんですが、小さい人同士で初めて会ったとき、自分が大きく感じるんです(笑)。実際には私の方が小さいんですが、なぜか(若月の方が)小さく感じたんです(笑)。

若月 私も全く同じこと思っていた、きゃしゃだなって(笑)。それから、今まで出会ったことがないオーラをまとっている人だなと思いました。私はいつもアイドルの中にいるので、違った雰囲気を持っているのは当たり前のことではあるんですが、すごくすてきで、私ができない表現をたくさん持ってらっしゃるんだと思います。あとは、単純に、やっぱり前髪が短いなって(笑)。

三戸 あはは。

 
  • 1
  • 2

page top