「僕にとっての8ミリ映画は、地元でおいしいご飯屋さんを新しく見つけた感じ」『Single8』上村侑【インタビュー】

2023年3月7日 / 08:00

 1978年、夏。高校生の栗田広志(上村侑)は『スター・ウォーズ』に影響を受け、友人の喜男(福澤希空)と共に宇宙船のミニチュアを作って8ミリカメラで撮影する。そして、文化祭の出し物として、映画製作を提案。思いを寄せる夏美(高石あかり)にヒロイン役を依頼し、喜男や映画マニアの佐々木(桑山隆太)も加えて映画製作に取りかかる。小中和哉監督が、自身の青春時代を題材に脚本を書き下ろして監督した青春映画『Single8』が、3月18日から渋谷ユーロスペースほか全国順次公開される。主人公の広志を演じた上村に話を聞いた。

上村侑 (C)エンタメOVO

-前作『近江商人、走る!』は時代劇でしたが、この映画も自分が生まれる前の1978年の出来事を描いた、ある意味時代劇だったと思いますが、実際に演じてみてどう感じましたか。

 (小中和哉)監督が「時代背景みたいなものは、深く意識しなくても大丈夫」という話をされていたので、あまり70年代の雰囲気に捉われずに、いい意味で、現代劇っぽい会話のやり取りができたと思います。

-私は小中監督とほぼ同世代なので、40年前の高校生活はこんな感じだったなと懐かしく思い出しました。

 実は小中監督が高校時代に8ミリで撮った、飯ごう炊飯の映像を見させてもらったときに、自分がイメージしていた昔の高校生の像と、いい意味で違っていると思いました。自分たちの高校時代の雰囲気や友達とのやり取りと、それほど変わらなかったんです。40年前も今も、高校生のやり取りは同じようなものだということです。それが自分の中では大きなヒントになりました。それからは、70年代ということをあまり意識しなくなりました。今の子たちがスマホでやっているのとそんなに変わらないのかなと思いました。

-小中監督の演出や指導で印象に残ったことはありましたか。

 撮り方が特殊で、割と一連で動くことが多くて、基本的にせりふがない瞬間も、自分たちはしゃべっていましたし、アドリブのシーンも多くて、その場でリアルに生まれた会話もありました。だから、ドキュメンタリーを撮っているような感じがしました。それに、自分たちが劇中で映画を作っているところをカメラで撮っていたので、メイキングを撮られているような感覚もありました。芝居に関する特別な指導はなくて、「好きにやっていいよ。それをカメラに収めるから」というスタイルで撮ってくださいました。ただ、8ミリのことになると、「ここがこういう機能で…」とか「持ち方はこうで」「もう少しこうした方がいい」みたいに、指示が急に細かくなったりして、そこのこだわりは強いんだと思いました(笑)。

-先ほど話に出た「飯ごう炊飯」もそうですが、劇中に登場する小中監督の高校時代の8ミリの映像を見た印象は?

 本当に今と変わらないと思いました。もちろんフィルムの画質なのですが、今の若者言葉で言えば「ちょっとエモい」(笑)。ノスタルジックな感じがあって、現代にはないものなので、ちょっとずるいなと。当時からすれば、僕らがスマホでやっているのと同じで、もしかしたら、僕らが今スマホで撮った映像を、僕らの息子や孫が見たら、驚くかもしれません。そう考えると感慨深いものがあるし、デジタルで簡単に撮っている映像よりも、すごくきれいな思い出に見えるというのが、フィルムカメラの魅力なのかなと思います。

-手作り感満載で手間のかかる8ミリ映画の製作を実際にやってみてどう思いましたか。

 8ミリカメラについてはだいぶ詳しくなったと思います。今回はちゃんと1本の映画を作ったので、8ミリ映画製作の独特の緊張感がありました。気が抜けない感じがデジタルとは違うと思いました。撮り直しが利かないから、一発に懸ける思いが強い。何度もリハーサルをして「よし行ける」となってからでないと撮れない。編集も一コマずつ細かく見ながらやっていく。セロハンテープが何枚もくっついてフィルムがごわごわになったり…。今はパソコンやスマホが一台あればできるのに、という不便さはありますが、その不便さが、逆に作品に対する気持ちを高めたり、価値を上げているような気がします。それが、今回作っていて楽しい瞬間だったと思います。

-もちろん、普段、動画を撮ったりもすると思いますが、自分でも映画を撮ってみたいと思いましたか。

 8ミリで撮りたいかといわれれば、現像して、編集して、機材もないし…と考えると、そこまで手は出ないです。でも、役者はいつも途中からしか映画に入れないので、今回最初の立ち上げから、最後にみんなに見てもらうまでを、一連で体験できたのは、自分にとってはすごく楽しい経験になりました。実際に映画を撮りたいとは思いませんが、この作品を撮っている間は、映画や写真を自分が撮っているという感覚はありました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top