【インタビュー】『ナミヤ雑貨店の奇蹟』山田涼介「奇跡をどうやって起こすかは自分次第」

2017年9月22日 / 17:47

 夜の街で盗みを働いた3人の若者が逃げ込んだ空き家。それは、かつて店主が人々の悩み相談に答えていたことで知られる“ナミヤ雑貨店”の跡地だった。ここで一夜を過ごすことになった彼らに、時を越えた手紙が届き始めたことから、ある奇跡が起きる…。累計900万部を越える東野圭吾氏のベストセラー小説を豪華キャストで映画化した群像劇『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。主演はHey!Say!JUMPのメンバーとして活躍する山田涼介。9月23日の公開を前に、撮影の舞台裏について語った。

(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

-これまで、非日常的なキャラクターを演じることが多かったと思いますが、今回は3人の若者のリーダー格、矢口敦也という等身大の人物です。演じてみた感想はいかがでしょうか。

 演じやすい部分もありましたが、同時に、普通を演じることの難しさも感じる役でした。普通の青年なので、見た目はあまり意識しなくてもそれなりに見えますが、その反面、心情や立ち居振る舞いには特徴がありません。どういうふうに色を付けようかということは、すごく考えました。

-空き家の中という限定された場所でお芝居をされる場面が多かったですが、その中で敦也の成長を感じさせるのは難しかったのでは?

 主演という立場でしたが、いろいろな人たちと手紙のやりとりを通じて交流していくので、前に出過ぎないということを意識して、無駄な動きは省くようにしました。そういう動きの少ない状況で、敦也が最後に心を入れ替える形に持って行かなければならないのは難しかったです。最後にいきなり「僕、真面目になります」となってもおかしいですからね。そのアプローチは、計算しながら演じていました。

-その最後の場面の撮影はいかがでしたか。

 今回、せりふは1回も間違えなかったのですが、唯一、テイクを重ねたのが最後のシーンでした。部屋を出て外で涙を流すという場面で、2回目ぐらいで涙は出たんですけど、それだけでは駄目で、5、6回とテイクを重ねました。やっぱり難しかったです。部屋の中は東京のセットで撮って、外に出るところからは大分。その間、1カ月ぐらい空いていたわけですから、気持ちはつながりません。

-それは大変そうですね。

 とはいえ、時間は限られていたし、プレッシャーもあったのでかなり焦りました。そこで「もう、どうにでもなれ」と開き直ったらできたんです。その時、周りの音は一切聞こえなかったし、何も目に入りませんでした。カットがかかった時、「俺、今何していた?」みたいな感じで…。あの場面には、そんな瞬間がありました。

-共演した村上虹郎さん、寛 一 郎さんと事前にリハーサルを行ったそうですが。

 3日間もリハーサルをするのは初めてでしたが、普通と違って面白かったです。事前に監督からは一切指示がなかったんです。だから、何も分からないまま2人と「覚えてきた?」、「いや、どこをやるか分からないですよね?」なんて話をして始めたら、最初から最後まで、ほとんどやることになって。初めは台本を持っていたんですけど、3回ぐらいやったら「そろそろ、本も要らないよね」と言われて大変でした(笑)。でも、同じ経験をした3人にしか出せない空気感も作れたと思うので、結果的には情報を与えない監督の判断は正しかったと思います。

-ナミヤ雑貨店の店主を演じた西田敏行さんの印象は?

 大分でロケした時、西田さんは夕方で撮影が終わって、スタッフと飲みに行っていたことがあったんです。そこで「まだ山田くんたちは撮影しているの?」という話になったらしく、夜中、僕らが撮影している現場に来て下さったんです。でも、その日はすごく寒かったので、すぐ帰られるのかなと思ったら、最後までいて下さって…。すごく感動しました。

-若い方たちの演技もきちんと見られる姿勢は素晴らしいですね。

 大御所の方なのに、ちゃんと僕たちのことも知ろうとしてくれているその姿勢。どれだけ偉くなっても、こういう気持ちでいなきゃいけないなと思いました。その後、西田さんと僕らがいると聞いた町の人たちが、これでもかというぐらい差し入れをしてくれたんです。「西田さんがいなかったら、こんなに持ってきてくれないよ」なんて言いながら、みんなで有り難く頂きました(笑)。

-これまで幾つもの作品に主演してきましたが、作品を重ねて主演に対する考え方は変わりましたか。

 変わってないです。主演だからこうしなければいけないということはありませんが、作品の顔になるのは事実です。だから、舞台あいさつや取材は率先して受けて、映画の面白さや出演者の魅力を伝えていかなければならないという責任感はずっと持っています。この作品は誰もが主演みたいなものですが、僕が主演ということでやらせてもらっているので、先頭に立っていろいろなことに応えなければいけない。そういう気持ちは映画もテレビも変わらないです。何かあれば、前に出て行く覚悟は常にあります。

-さまざまな受け取り方ができる作品ですが、見た方にどんなことを感じてもらいたいですか。

 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』というタイトルで奇跡を描いた映画ですが、その奇跡をどうやって起こすかは、自分次第です。これまで歩んできた道や、いろいろなものを少しずつ手繰り寄せた結果が奇跡につながるので、自分を見詰め直す時間を増やしてもらえたらいいですね。僕たちHey!Say!JUMPも今年、結成10周年を迎えました。今こうしていられるのは奇跡ですが、それはちゃんと自分たちで手繰り寄せた結果だと思っています。

-歌手として歌うことと役者の仕事は、ご自身の中ではどのように感じていますか。

 今はちょうど半々ぐらいです。10周年の今年は、この作品と『鋼の錬金術師』(12月1日公開)という二つの大きな映画に出させてもらった上に、JUMPの活動もしっかりあって、充実した1年を過ごさせてもらっています。この映画の公開日は9月23日ですが、実は僕らの結成日が9月24日なんです。運命を感じるので、JUMPファンも原作を愛して下さっている方も、みんなで見に行って楽しんでほしいです。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top