能年玲奈「アキちゃんとリンクしてる」 挿入歌「暦の上ではディセンバー」が完成

2013年6月28日 / 18:42

GMT47のメンバー(左から)斎藤アリーナ、蔵下穂波、大野いと、能年玲奈、松岡茉優、山下リオ、優希美青 (C)NHK

 能年玲奈がヒロインを務めるNHK総合で放送中の連続テレビ小説「あまちゃん」が、舞台を岩手県北三陸から東京に移した後半へ突入した。能年演じるアキが所属する、全国47都道府県のご当地アイドルから選抜されたアイドルグループGMT47がデビューを目指す、挫折と奮闘の物語が展開される。

 また「潮騒のメモリー」に続くドラマの挿入歌「暦の上ではディセンバー」も完成した。この曲は、脚本の宮藤官九郎が作詞、オープニング曲を担当した大友良英が作曲したオリジナルで、劇中の人気アイドルグループ・アメ横女学園芸能コースの大ヒット曲として登場し、GMT47も路上ライブなどで歌う。

 「まさに、アキちゃんと私がリンクしています」という能年は、「アキちゃんもぺーぺー、私もぺーぺー。ペーペーがどこまで臆せずアイドルの海に飛び込んでいけるか、おバカなまま突っ走れるか、皆さん応援よろしくお願いします」とアピール。

 以前、「ももいろクローバーZなど現代のアイドルを見て研究している」と語っていた能年だが、自身が目指すアイドル像は“1980年代のアイドル”。「すごく遠い存在なのに四六時中頭から離れない、そして思い出すとなぜか元気になれるし頑張ろうと思える…そんな存在に感じています。すごく難しいけど、めちゃくちゃ憧れます」とコメントした。

 そのほかのGMTメンバーも個性豊かなキャラクターが集まった。埼玉県出身の入間しおり役の松岡茉優は「真っすぐなしおりを演じられて私も元気をもらいます」と喜び、佐賀県出身の遠藤真奈役の大野いとは「みんなでまた歌とダンスができたらいいなあと思います」と今後の展開に期待を寄せた。

 徳島県出身の宮下アユミ役の山下リオは「断片的ですがアイドル役を演じてみて大変さを知りました。今後の抱負は日々変化、進化のできる役者さんになりたいです」と語り、沖縄県出身の喜屋武エレン役の蔵下穂波は「アイドル役って私には一番無縁だと思っていたので、とてもうれしかったです。これからGMTをもっともっと好きになっていただけたらと思います」と呼び掛けた。

 宮城県出身の小野寺薫子役の優希美青は「私のアイドルのイメージは、“応援してくださっている方の心の中にいつもいる存在”です。私の出身地でもある東北の皆さんを元気にできる女優さんになりたいです」と意気込みを語り、ブラジル出身のベロニカ役の斎藤アリーナは「劇中の過酷なレッスンやライブなどに加え、歌やダンスのリハーサルもあり、アイドルの気分を味わいながら一生懸命演じさせていただきました」と充実感をのぞかせていた。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top