【映画コラム】毎日映画を見て過す男が案内する映画の旅『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』

2022年6月9日 / 08:00

 さらに、ドキュメンタリーは、インドネシアの『アクト・オブ・キリング』(12)と『ルック・オブ・サイレンス』(14)、ポルトガルの『コロッサル・ユース』(06)など、といった具合だ。

 また、GoProやスマートフォン、VRといった新世代のカメラを使って撮られた『リヴァイアサン』(12)、『タンジェリン』(15)、モーション・キャプチャーなどの最先端デジタル技術を駆使した『猿の惑星:聖戦記』(17)、『アイリッシュマン』(19)なども登場する。

 この2時間40分余りの、壮大な“映画の旅”についてカズンズ監督は、日本の観客へのメッセージとして、「映画館は村の心臓である」というフランスのことわざを引用しながら、「どんな映画も子どものように見てください。子どものように目を見開き、心を開いて、先入観を持たずに見てほしいのです。この映画もそんなふうに見てもらえたらうれしい」と呼び掛ける。

 いわば、この映画は究極の映画マニアによる超個性的なガイドブック。紹介された映画をこれから見る人は知的好奇心を、かつて見た人は探求心をかき立てられるに違いない。

(田中雄二)

マーク・カズンズ監督

 

 

  • 1
  • 2
 

Willfriends

amazon

page top